カテゴリ:二世帯住宅の建築実例

少子高齢化、共働き世帯の増加、そんな時代に一つの在り方として二世帯住宅があります。家族の幸せは自分の幸せ、住む方がそう思えるような二世帯住宅を集めました。

【 二世帯住宅 】

二世帯住宅には、主に3つのタイプがあります。家族構成、敷地の広さ、予算に合わせて、暮らしやすいタイプを選ぶことが大切です。

二世帯で暮らす家 完全分離型二世帯住宅

リビング、キッチンや浴室などの水廻り、玄関など、すべてを分離し、一軒の家の中に、二軒の家があるような間取りにする二世帯住宅です。1階を親世帯、2階を子世帯というように縦に並べて分離するケース、左右の片側を親世帯、片側を子世帯というように、横に並べて分離するケースがあります。

お互いの暮らしに干渉しないで済むので、大人数で暮らすことに慣れていない現代の家族には、受け入れやすい二世帯住宅の形と言えるかもしれません。時間帯のずれがお互いの睡眠を妨げる、主婦が2人になる、玄関やリビングが片付かないなど、日常生活の中でストレスが発生しそうだ、と考えられる場合には、完全分離型二世帯住宅が向いています。一方、親世帯が、伴侶を亡くすなどの状況になった時には、寂しさを感じる間取りになる恐れもあります。

すべてのタイプの中で完全分離型二世帯住宅は、最も建築費が嵩ますが、同時に最も資産価値が高く、有利な条件で売却できるという有利な面があります。将来的に一世帯分を、賃貸住宅として活用することもできます。

ただし、このタイプの場合、二世帯住宅が受けられる補助金の中の一つ「地域型住宅グリーン化事業」を受けられない可能性があります。補助金を受けられる条件の中に、「子育てを家族で支援できる複数世帯が、同居しやすい環境づくり」という項目があるからです。

二世帯で暮らす家 部分共有型二世帯住宅

部分共有型二世帯住宅には、ほとんど完全分離と変わらない「玄関だけ共有するタイプ」と、「水廻りを共有するタイプ」があります。

玄関だけ共有する二世帯住宅

完全分離型二世帯住宅とほぼ同じですが、玄関だけは共有する間取りです。上下に分離する場合には、外階段をつけずにすみます。左右に分離する場合には、玄関ホールと中庭をつなげ、共有の空間を作るといった間取りにもできます。

玄関と水廻りを共有する部分共用型二世帯住宅

完全分離型の二世帯住宅に比べると、床面積も、建築費も抑えられます。「生活の時間帯にずれがあり、ストレスが生まれそうではあるが、建築費を抑えたい」「完全分離にしてしまうと、自然なコミュニケーションが減るので、親世帯が高齢になった時に不安がある」というような家族には、浴室と玄関を共用することで、建築費を抑え、自然な触れ合いのチャンスも作れる二世帯住宅のタイプです。

二世帯で暮らす家 完全同居型二世帯住宅

一軒の家の中で二世帯が一世帯のように暮らす二世帯住宅です。家族の生活時間にそれほどずれがない、共働きであるというような家族には、暮らしやすい住宅にできる可能性のあるタイプの二世帯住宅です。

日本では本来、このような暮らし方をしてきました。子世帯が共働きであれば、親世帯が子育てを手伝う、親世帯が一人になってしまった時には、子世帯がさみしさを埋めるというような暮らしができるからです。完全同居型二世帯住宅は、家族の触れ合いの多い、暖かい家族の暮らしを見守る二世帯住宅の形なのです。ただし家族構成や暮らし方によっては、ストレスの多い日常生活になる恐れもあります。

また、完全同居型二世帯住宅は、玄関や水廻りを二重に作る必要がないので、リビングや、家族の居室の床面積にゆとりが出ます。同時に、建築費も抑えられます。

二世帯住宅で受けられる補助金

地域型住宅グリーン化事業

木造の二世帯住宅に対しての補助金です。「省エネなどの住宅性能に関する条件」と、「子育てを家族で支え合える三世代同居など複数世帯の同居しやすい環境づくりという二世帯住宅の形状」に関する条件を満たしていると、補助が受けられます。

すまい給付金(令和3年12月まで)

「消費税率引上げによる住宅取得者の負担」を緩和するための補助金です。

床面積が50m2以上あり、住宅ローンを利用する場合には、第三者機関の検査を受けた住宅であることという条件を満たしていると、補助を受けられます。

関連カテゴリ: 住宅性能表示 三階建住宅 リノベーション

建築実例を探す

スタイルから探す

地域から探す

タグから探す

Homeへ