カテゴリ:リノベーションの建築実例

住宅の性能を上げ、付加価値を付けるリノベーション。新築では手が届かない魅力的な立地でも、中古購入+リノベーションという選択肢があります。ここではよりよい暮らしを実現したリノベーションの実例を集めました。

【 リノベーション 】

リノベーションの魅力は、間取りの変更に制限が少ないということと、内装や間取りを変えるだけではなく、住宅の性能そのものを、新築時より高められることです。

自分たち家族の暮らし方に合わせて、新築の家を計画するのと同じくらいの自由度で、間取りを決められます。また、断熱性や、耐震性も、根本的な方法で性能を上げられるので、安全な暮らしと、快適な室内環境が得られます。加えて、建て替えに比べて、費用を抑えられるという良さもあります。

リノベーションの種類

個人の住宅のリノベーションには、木造戸建て住宅のリノベーション、鉄骨造住宅のリノベーション、マンションのリノベーションがあります。

リノベーションの方法には、構造部だけを残してすべて解体する方法、構造部、外壁や階段以外は解体する方法があります。

戸建て住宅のリノベーション

フルリノベーション

土台や柱、梁だけを残し、それ以外の部分は全て解体するリノベーションです。

  • 構造体と基礎の強化ができ、耐震性と耐久性を最高基準まで高められる
  • 間取り変更の自由度が高い
  • 壁の中に断熱材を入れられるので、内部だけのリノベーションよりもさらに高い最高基準の断熱性を持たせられる
  • 階段の位置やタイプも変えられる
  • 外壁を解体するので、窓の位置や大きさも変えられる

内部だけのリノベーション

外壁と構造部はそのままにし、内部の天井、間仕切壁、床を全て解体するリノベーションです。

  • フルリノベーションより費用が抑えられる
  • 耐震性、断熱性を高くできる
  • 間取り変更の自由度が高い、ただし階段を残す場合には、階段の位置は変えられない
  • 外壁を残すので、窓の位置は変えられない(小さくすることは可能)その為、日当たりや風通しが悪い場合、問題を解決できない恐れがあります。

鉄骨造住宅のリノベーション

木造住宅に比べて、耐震性が高い鉄骨造住宅は、リノベーションの際に、補強費用を抑えられるという特徴があります。

リノベーションで、できることの自由度が高いので、住宅から店舗に、店舗から住宅にというような大掛かりな変更も可能です。

マンションのリノベーション

ここ数年、マンションのリノベーションの人気が高まっています。もともとは、昭和の時代に建てられ、廃墟になりかけていた団地が、リノベーションによって、シンプルで洗練された雰囲気の分譲住宅に生まれ変わり、人気が出たという背景もあるのではないでしょうか?

リノベーションの前と後の変化の大きさに、多くの人が魅力を感じたのだと思いますが、マンションのフルリノベーションでは、同じような大きな変化を楽しめます。

マンションのリノベーションは、戸建て住宅のリノベーションに比べると、費用が抑えられることに加えて、自由度の高い空間で、自在に間取りを変えられるという魅力があるからです。

ただし、マンションの構造によって自由度の種類が変わってきます。

ラーメン構造

柱と梁が頑強につなぎ合わされているので、耐力壁や筋交いなしに、高い耐震性を維持できる構造です。その為、空間に対する制約のない最も自由なリノベーションができます。ただし、梁や柱の出っ張りがあります。

壁式構造

5階建て以下のマンションに、採用されていることの多い構造です。ラーメン構造にある柱や梁の出っ張りがなく、すっきりはしているのですが、室内の壁を取り外すことができません。その為、空間を広げる間取りには、制限が出てしまうことがあります。

それぞれの構造に合わせたリノベーションの計画を作ることが大切です。

また、どちらの構造の場合にも、水廻りの配管の移動には、制限があり、無理に移動すると水の流れが悪くなってしまうので、注意が必要です。

関連カテゴリ: 三階建住宅

建築実例を探す

スタイルから探す

地域から探す

タグから探す

Homeへ