カテゴリ:屋上の建築実例

緑を身近に感じられる庭園を造ったり、寝転がって星を見上げたり……屋上は生活を豊かにしてくれる要素が満載です。景観が良い場所に家を建てる方は是非検討した頂きたいカテゴリです。

【 屋上 】

 

広い庭があり、その周りには緑が広がっているというような環境は、東京の暮らしでは望めないことがほとんどです。でも、屋上があれば、自宅にプライベートな空間が持てます。

屋上で夕涼みをしたり、家族でキャンプに出掛けた気分で食事をしたりして楽しむができ、神宮の花火や東京タワー、スカイツリーなどが見られるかもしれません。日常的には、洗濯物を乾かしたり、家庭菜園を作ったりもできます。

ただ、屋上を作る場合には、注意しなくてはならない屋上特有の問題点があり、解決のための対策が必要です。

屋上のある家のプライバシーの確保するための対策

せっかく屋上を作っても、周囲からの視線が気になって寛げないという状況になってしまうこともあります。住宅地の中の屋上は、目隠しフェンスや、オーニングなどのプライバシー対策が必要です。

屋上のある家に必要な住宅の劣化を防ぐ対策

屋根は、雨を流すという大切な役割を持っています。三角屋根や片流れ屋根は、もっとも雨を下に流すので、非常に防水効果の高い屋根です。一方、屋上のある屋根には傾斜がない為、雨が溜まりやすく、防水効果は高くありません。屋根の防水効果が低ければ、水分が住宅に浸透し、早く劣化してしまいます。そのような状態にならないよう、屋上のある屋根には、特別な防水工事が必要です。この防水工事には、非常に高い技術力と、高性能な建材が求められるため、建築費が嵩んでしまいます。

加えて、普通の屋根より短いスパンで点検とメンテナンスが必要です。

屋上のある家は、住宅自体の強度が求められる家でもあります。SE構法は、コンクリートの家に引けを取らない強度を持つ木造住宅を実現する工法です。SE構法は、劣化しない屋上を持つ家を造ります。

関連カテゴリ: 三階建住宅 バルコニー・ウッドデッキ 屋上

建築実例を探す

スタイルから探す

地域から探す

タグから探す

Homeへ