狭小台形敷地でも叶う。赤坂のモダンハウス(2021.05着工)

基礎打設

今週は基礎の立上り部分を打設しました。

まだ固まっていないコンクリート(生コン)は側面に及ぼす圧力(側圧)が大きいので、型枠でしっかりと押え付けて写真のように固まるまで養生します。

型枠を外した後は、基礎打継部の防水工事や外部の埋設配管工事などがあります。

基礎工程も来週で完了予定なので、木工事に向け一つ一つ丁寧に進めてまいります。

墨出し・配筋検査

墨出し後に基礎の配筋を行い、週明けに検査員による配筋検査が行われました。

建物の大事な「足」の部分ですので、配筋に誤りがないか写真のように検査員も一つ一つ真剣にチェックしていきます。

検査は無事合格したので、次はコンクリートを流し込み、耐圧板を作っていきます。

着工

港区赤坂の狭小地で新規物件が着工致しました。

本日は基礎工事に向けた地盤の柱状改良工事。セメントミルクと呼ばれる固化材と土を混ぜ合わせながら掘削し、土の中にコンクリートの柱を作って建物を安全に支えます。

まさに「縁の下の力持ち」ですね!

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ