自然を取り入れたパッシブデザインとは?解説します

最近はエコや省エネという言葉をよく聞くようになりました。
そして、それはデザインや建築の場面でも耳にする方も多いでしょう。
そこで今回は、自然が持つ力を上手く利用した、パッシブデザインについて解説します。


□パッシブデザインとは?
パッシブデザインとは自然が持つエネルギーを上手く扱うことを目的としたデザインを指します。
自然には様々な活用できるエネルギーがあり、日光や風力がその一例です。
それらの持つエネルギーを効率よく取り入れる、もしくは外に出すことをデザインによってか解決することを目的に考え出されました。
一例としては、日本の伝統的な長屋があげられるでしょう。
この長屋のデザインは、非常に風通しがよく、屋根が外に飛び出しているので、日光を遮断でき涼しい空間をデザインによってつくりだしているといえます。
このパッシブデザインは、夏の暑さに対して有効なデザインといえます。

□どんな利用方法があるの?
パッシブデザインには大きく5つの考える軸があります。
この5つを上手く調整しバランスをとることが、住みやすい空間を作るために必要になります。

1つ目、「太陽からの熱を利用する」。
冬場に大きな効果を発揮するのはこの「太陽光」です。
大きな窓の設置や、窓の配置を工夫することで太陽からの光と熱をより多く、より効率的に取り込むことができれば、エアコンやストーブを使わなくても室内が暖かなります。
よって、冬場での暖房の使用時間が少なくなるので省エネにつながります。

2つ目、「日光の利用」。
太陽の光は非常に明るく、自然な白色を持っています。
パッシブデザインでは、この太陽光を上手に取り入れることで昼の間、室内を明るくします。
南に面する場所や吹き抜けに大きな窓を設置することで、太陽からの自然な光を受け入れることで、昼間は照明をつけなくても室内を明るくします。
照明をつけないので、省エネな上に、自然な光なのでリラックスできる空間になるでしょう。

3つ目、「断熱」。
パッシブデザインでは、自然なエネルギーを上手く取り込むためのデザインなので、「断熱」に違和感をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、必要のないエネルギーが入らないようにすることと、取り込んだエネルギーが外に出ていかないようにすることの2点は考えなくてはいけません。
そのため、「断熱」が必要になってきます。
冬場にせっかく太陽から熱を取り込んでも、その熱が外に逃げてしまっては元も子もなく、夏場にせっかく外に出した夏が、屋根などからまた入ってくるのでは、せっかくのデザインが十分な効果を発揮しません。
さらに、この断熱性能が高いと、暖房や冷房の効率が良くなるので省エネにつながります。

4つ目、「日光を遮断する」。
1つ目と2つ目から、冬場や肌寒い季節で過ごしやすい空間をつくるためには、日光を取り入れる必要があり、そのためのパッシブデザインだとか解説しました。
しかし、これが夏場だとうまくいきません。
パッシブデザインでは、夏に日光を上手く遮断する方法も考えられています。
上記にある日本家屋にある屋根が一例ですが、それ以外にもすだれやシェードの利用や、夏と冬で太陽の位置が違うことを利用した窓と軒のデザインなどがあります。

5つ目、「風を室内に通す」。
夏場での、自然風の利用は非常に大きな効果があります。
湿度と気温が高い季節に風が当たると気持ちが良いですよね。
しかし、パッシブデザインでは、自然風は熱を外に逃がすことを目的にします。
またこの時注意することは、パッシブデザインにおいて熱を外に逃がすことが目的なので、風を通す時刻は外気温が比較的低い時間帯になることです。
自然風を利用するために、家のデザインは吹き抜けや高い天井など、立体的に風が通る構造になります。
こうすることによって、風が家全体を通りより効率的に室内の熱を外に排出するでしょう。
また、ウィンドキャッチャーを利用して通常の引き戸では取り入れることが難しい風を受け入れる方法や、季節や時間ごとに発生する特殊な風を受け入れる方法もあります。
こうした方法を利用することで、より効率的に風を取り入れ、快適な空間をデザインによって作るので、より省エネにつながるでしょう。

□パッシブデザインでの注意点
パッシブデザインは、自然の力を利用するので、それぞれの地域にあったデザインがあります。
例を挙げると、北海道は比較的夏が涼しく冬場が非常に寒くなるので、冬場の気候に適したデザインとなります。
逆に、九州地方では冬場は規格的暖かく夏場が非常に暑くなるので、夏場の気候に適したデザインとなるでしょう。
つまり、九州で北海道のデザインや北海道で九州のデザインは合わないということです。
パッシブデザインを取り入れるときは、住んでいる気候を考え、その土地の気質に合ったデザインを考えることが必要です。

□まとめ
今回はパッシブデザインについての解説をしました。
家のデザインは、生活の質を上げるうえで非常に大きな役割を持っています。
新しい家の建築の際は、本記事を参考にパッシブデザインをぜひ検討してみてください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

関連記事

パッシブデザインをお考えの方必見!無垢フローリングのメリットとデメリットを紹介します

自然を上手く活用して設計するパッシブデザインをお考えの方はいらっしゃいませんか。 夏の暑さや冬の寒さも緩和される快適な住まいでのびのびと暮らす生活は素敵ですよね。 今回はパッシブデザインの1つである無垢フローリングのメリ […]

パッシブデザインで快適な家づくりをするためには?

マイホームを設計するうえでデザインももちろん重要ですが、機能性も重視したいところですよね。 そもそもどんな機能性を住宅に取り付けることが出来るのか、そして今注目のパッシブデザインとはどんなものなのか、またそのメリットにつ […]

省エネな家に住みたい方に!パッシブデザインについて!

新しく家を建てる方の中に省エネな家に住みたいと思ったことはありませんか。 省エネな家になるような設計をしたいと思い調べていたら様々な疑問が生まれると思います。 そう思ったあなたに省エネに関するパッシブデザインやZEH水準 […]

パッシブデザインの住宅とは?特徴をを徹底解説します!

パッシブデザインの住宅とは何でしょうか? この悩みを解決します。 パッシブデザインについて本記事では詳しく解説します。 もしわからない、あまり知らない方はぜひ一度本記事を参考にしてください。 少しでも役に立てれば幸いです […]

地球にやさしい!パッシブデザインとは?メリット、デメリットについても解説!

皆さんは注文住宅などをするとき、どのような事に留意してデザインしていますか? 本記事では、建築デザインの一例であるパッシブデザインについて解説していきます。 □そもそもパッシブデザインってなに? パッシブとは、訳すと「受 […]

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ