環境に配慮した住宅ならパッシブデザインがおすすめ!特徴とポイントをご紹介!

「マイホームを作るなら、環境に配慮した家にしたい」
「パッシブデザインとは何なのだろうか」
このようにお考えの方もたくさんいらっしゃるでしょう。
近年では、生活の様々な部分に環境に配慮した取り組みが施されています。
住まいも環境に配慮したものにすることで、さらに環境にやさしい生活ができます。
今回の記事では、環境に配慮した暮らしをしたい方に向けて、パッシブデザインの特徴とデザインの例をご紹介します。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

□環境に配慮されたパッシブデザインとは?

環境に配慮した家を作りたい方には、「パッシブデザイン」がおすすめです。
パッシブデザインとは、太陽光や風などの自然エネルギーをうまく活用できるように配慮して設計された建築デザインのことを指します。
ここからは、パッシブデザインで利用される自然エネルギーを3つご紹介します。

1つ目は、太陽光です。
家づくりで利用できる自然エネルギーと聞いて、太陽光を連想される方は多いでしょう。
太陽光パネルを屋根の上に設けている家はたくさんありますよね。
このように、太陽光は生活を行うためのエネルギーに変換可能です。

しかし、パッシブデザインでは太陽光をエネルギーとして活用しません。
パッシブデザインでは、太陽光を室内に可能な限り取り込むことで、電気を極力使わないことを目指します。
そのために、太陽光を取り込みやすい大きな窓を設計したり、吹き抜けを作ったりします。

太陽光をエネルギーに変換して使用するというプロセスを踏まなくても、太陽光の温かさや明るさなどを簡単に利用できるようにします。
こうすることで、電気を使用せずとも室内で快適に過ごせるのです。

2つ目は、風です。
夏に窓を閉め切っていると、熱がこもって部屋の温度が高まってしまいます。
このような場合には、窓を開けて空気の入れ替えを行いますよね。

日本の夏は湿気が多く蒸し暑いため、エアコンを多用してしまいがちです。
しかし、風を上手に室内に取り込めるような設計にすることで、エアコンを使わずとも快適に過ごすことが可能です。

風通しの良い室内は快適に過ごせるだけでなく、カビ対策を行えます。
部屋の中に熱を止めることなく、空気の循環をうまくできます。

3つ目は、地熱です。
近年、再生可能エネルギーとして注目を集めているのが地熱です。
そのエネルギーは太陽光に匹敵するとも言われています。

地熱とは、その名の通り地中の熱のことを指します。
例えば地熱が一年中17度前後だとすると、この地熱を活かすことで夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

□パッシブデザインの5つのデザイン例をご紹介!

1つ目は、断熱性の高いデザインです。
日本の冬は底冷えするため、エアコンや床暖房を使いがちですよね。
しかし、これらを利用するために消費されるエネルギー量は膨大です。
地球温暖化を進めることにもつながってしまうため、見直す必要があります。

そこで、住宅の断熱性を高めることがおすすめです。
断熱性を高めると外気が室内に伝わりにくくなるため、保温性能が高まります。
そのため、冬の寒い時期でも室内の温度を一定に保ちやすくなります。

2つ目は、日射を遮へいしたデザインです。
夏の日差しを避けるために日射を遮へいできる設計を取り入れるのがおすすめです。
太陽光によって部屋が温められることを防げるよう、ひさしや軒などを取り入れてみると良いでしょう。

3つ目は、自然風を利用したデザインです。
室内の風が上手く循環すると、エアコンのような機械を用いなくても快適に過ごせるようになります。
家全体の風通しを良くするためには、天窓を設けたり吹き抜けを設けたりすると良いでしょう。
住宅の縦や横方向を意識して、風通しを考えることが大切です。

4つ目は、昼光を利用したデザインです。
日が昇っている時間帯は、自然光を利用することで光熱費の削減にもつながり、環境にもやさしい生活ができます。
日中に照明機器を使わなくても良いように、大きめの窓を設計したり室内のドアを半透明にすると良いでしょう。

太陽光を取り込む設計はこの他にもたくさんあるため、自身の理想の住宅像に合わせて選ぶことをおすすめします。
デザインを選ぶ時には、デザイン性や使い勝手の良さなどにも注目してみてくださいね。

5つ目は、日射熱利用暖房を取り入れたデザインです。
日射熱利用暖房は、冬の時期に室内に太陽光を取り入れてその温度で部屋を温めるデザインのことを意味します。
このデザインを実現するためには、土地の特徴を把握して日照のシュミレーションをすることで、太陽光の恩恵をしっかりと受けられます。

□パッシブデザインのメリットとデメリットについて

パッシブデザインのメリットの1つ目は、光熱費の削減ができることです。
自然のエネルギーの力を借りるため、機械を使用して電気を消費する機会が少なくなります。
空調の使用を抑えられるため、夏と冬両方の季節において光熱費の跳ね上がりを抑えられます。

2つ目は、自然を感じられる生活ができることです。
自然エネルギーをベースとして生活するため、自然をより身近に感じられます。
外気の温度や太陽の光などを感じながら生活できます。
太陽の光を浴びることで、体調が優れ規則正しい生活ができるでしょう。

パッシブデザインのデメリットの1つ目は、建築費の高額化です。
一般的な家よりも、自然のエネルギーを活用して生活することに重点を置いているため、特殊な設計になります。
高気密で高断熱のデザインにするためには、その分建築や建材代が高くなります。

2つ目は、地域の特徴を把握する必要があることです。
日本は縦に長い国であるため、住む地域によってわずかに気候や天候条件が異なります。
そのため、自分が住む地域の気候を下調べして、その条件をうまく活かせるような設計にする必要があります。

また、太陽光を効率的に取り入れるためには、周辺地域の地形や、開口部の広さや向き、方角など様々なことを考慮する必要があります。
しかし、土地や地域のことを調べたうえで建設するため、デザイン性や快適度がグッと上がります。

□パッシブデザインのキーワードをご紹介!

ここまでパッシブデザインの詳細について説明してきましたが、パッシブデザインのキーワードは「断熱性、機密性、蓄熱」の3つです。
パッシブデザインにするうえで何を意識すれば良いのかわからなくなってしまった場合は、この3つのキーワードを思い出してみてください。

自然エネルギーを存分に活かした家づくりを行うためには、気候や土地の条件などを最大限に活かせるようなデザインにする必要があります。
高断熱で高気密な家づくりを心がけることで、近年問題になっている空調の使い過ぎなどを防げます。

環境にやさしい家になるだけでなく、太陽光や風の動きを感じながら暮らせるため、心の余裕も生まれるでしょう。
パッシブデザインは自然と共存していくための1つの方法です。
環境に配慮した生活をしていきたいとお考えの方は、ぜひ1度検討してみてくださいね。

□まとめ

今回の記事では、パッシブデザインの特徴とデザインアイデアなどをご紹介しました。
環境に対する取り組みは、生活スタイルを環境に配慮したものにすることで、さらに進めていくことが可能です。
パッシブデザインの家は環境にやさしい造りであるため、自然と共存しながら生活できます。
パッシブデザインや環境に配慮したマイホームづくりをご検討中の方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。
当社のスタッフが、お客様の理想を考慮したアイデアをご提案させていただきます。
また、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

HOPEsコラム 一覧へ

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

関連記事

パッシブデザインとは?メリットやデメリットを解説します!

家づくりにおいて、パッシブデザインという言葉を耳にしたことがある方は多いでしょう。 しかし、詳しく概要をご存じの方は少ないかもしれません。 そこでこの記事では、パッシブデザインのメリットやデメリット、パッシブデザインを成 […]

自然を取り入れたパッシブデザインとは?解説します

最近はエコや省エネという言葉をよく聞くようになりました。 そして、それはデザインや建築の場面でも耳にする方も多いでしょう。 そこで今回は、自然が持つ力を上手く利用した、パッシブデザインについて解説します。 □パッシブデザ […]

パッシブデザインをお考えの方必見!無垢フローリングのメリットとデメリットを紹介します

自然を上手く活用して設計するパッシブデザインをお考えの方はいらっしゃいませんか。 夏の暑さや冬の寒さも緩和される快適な住まいでのびのびと暮らす生活は素敵ですよね。 今回はパッシブデザインの1つである無垢フローリングのメリ […]

パッシブデザインで快適な家づくりをするためには?

マイホームを設計するうえでデザインももちろん重要ですが、機能性も重視したいところですよね。 そもそもどんな機能性を住宅に取り付けることが出来るのか、そして今注目のパッシブデザインとはどんなものなのか、またそのメリットにつ […]

省エネな家に住みたい方に!パッシブデザインについて!

新しく家を建てる方の中に省エネな家に住みたいと思ったことはありませんか。 省エネな家になるような設計をしたいと思い調べていたら様々な疑問が生まれると思います。 そう思ったあなたに省エネに関するパッシブデザインやZEH水準 […]

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ