「こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

1

こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

自宅を新築するにあたり第一のご希望は「理想のキッチンをつくること」だったというM様ご夫妻。設計事務所を選ぶ段階から、奥様はすでに置きたいシステムキッチンのメーカーは決めていたのだという。設計・施工を担当した株式会社ホープスの代表、清野廣道さんと、M様ご夫妻にどのようにして理想のキッチンだけでなくご家族のライフスタイルにぴたりと沿った家をつくり上げたのかを伺った。

2

このメーカーのキッチンを置ける家、から始まった家づくり

「今までは賃貸で暮らしていて、キッチンが奥まっていたんです。家族の声が全然聞こえないし、私は作る人、家族は食べる人という感じがするのがすごくストレスでした。それを何とかしたくて」と奥様。新しく家を建てるにあたりアイランドキッチンにすることは必須条件だった。奥様は導入するシステムキッチンのメーカーも決めており、奥様とキッチンメーカー、そしてこの家の設計・施工を行った株式会社ホープスさんが連絡を密に取りあって計画をしたそうだ。

しかし、導入するには一つ問題が。「M邸の敷地は長方形で、2階にとったDKの形も奥行きのある細長い形になっています。そのため、短い辺と平行にキッチンカウンターを置くと、ダイニングを見渡せるのですがキッチンへ行き来する通路の確保が難しくなってしまいます。ですので、ストレートダイニングというスタイルを提案しました」と話す清野さん。細長いDKの、真ん中を突っ切るように配置されたキッチン台とそれに続くダイニングテーブルという流れは、とてもシンプル。動線にも無駄がなく、とても使いやすいものになったという。奥様も「この家に住んで2年になりますが、家族と一緒に、同じ時間を過ごしているという実感があり理想通りです」とのこと。

他にもたくさんの工夫が詰まっている。「キッチン台とダイニングテーブルは用途が違うわけですから、使いやすい『高さ』も違います」と清野さん。普段はそこで生まれる段差を、キッチン部分の床を下げることで調節するのだそう。しかし、今回は床をフラットにしたいというご希望だったため、キッチン部分を『白のパネル』ダイニングテーブルを『無垢のウォルナット材』と色も素材もまったく違うものにし、生まれた段差も敢えてデザインの一部として取り入れた。

シンプルですっきりとしたデザインのキッチンだが、収納力も十分にある。突きあたりにオーブンなどをまとめて設置したことで生まれた隙間を利用して、パントリーをつくった。また「キッチンの背面を出窓にすることで、棚のように使って物を置けるようにしました」と清野さんが話す通り、デザインの一つとして『見せる収納』も取り入れた。

このシンプルかつ機能的なキッチンの使い心地は?と伺うと、奥様は「食べるほうが好きだったお料理も、最近は作るほうも好きになってきたんですよ。友達も家にたくさん来てくれるので幸せです」と嬉しそうに話してくださった。

5

シンプルに、プレーンに。建築家と共につくる自分たちらしい家

もうひとつの必須条件が炉を切り、本格的な茶室として使用できる『和室』だ。「私だけではなく母も茶道をたしなむため、どうしても欲しい場所でした」と奥様。M様の『シンプルに、プレーンに』という全体的な家づくりのご要望に沿う和室にするにはどうしたら良いか。さまざまなアイデアを出し合い、またホープスさんもたくさんのご提案をしながら徐々につくり上げたのだそうだ。

「特徴的なのは唐紙です。唐紙を取り入れるという奥様からのアイデアがあり、和室の壁紙には唐紙を使用しました」と清野さん。柄の色味や雰囲気の選び方で『和であるけれども北欧モダン風に』というご要望に応えた。「また、板に柄の違う唐紙を貼り、キッチンの出窓部分にも設置しました」と言う。キッチンと、その続き部分にある和室に唐紙を取り入れることにより2階の全体的な調和も生まれた。

また、和室部分の窓だけは木製のサッシを取り入れた。清野さんは「外から見ると道路に面した『顔』の部分でもありますから」と語る。「和室側には引き戸も付けました。ぴたりと閉めると枠が5ミリ程度しか見えないつくりになっています。そのとき縦縞の柄がぴったりと合うようにしたのもこだわりです」とのこと。

他のご家族のご要望にもしっかりと応えている。ご主人は「独立した個室が欲しい」というもの。1階、玄関を入ってすぐ左側に自由度の高いプレーンなつくりの部屋をご主人の個室として配置した。お子様は「お風呂からトイレへそのまま行くことがあるため、動線を確保してほしい」ということ。洗面・脱衣室を挟んでまっすぐにトイレとお風呂を配置し動線を確保しただけでなく、濡れた足でも行き来出来るよう、床面に木目調の塩ビタイルを使用した。

家づくりにあたり主に清野さんと打ち合わせをしたのは、奥様と、普段お仕事で建築取材をなさることもあるという奥様のお姉さまなのだとか。地震に強い『SE構法』で家を建てたいというご希望があり、設計・施工をともに行う工務店を探していたところホープスと巡り合ったのだという。「他にも候補があったのですが、初回面談の際の清野さんと設計担当者のお人柄が決め手になりました」と奥様。施主様が出した要望をそのまま設計するのではなく、アイデアを出し合ったり、細かく打ち合わせをしながらともにつくり上げていくホープスさんとの家づくりは「家づくりって、本来こういうものだと思いました。大満足でした」とのこと。

実際2年暮らしてみてのご感想は?との問いには「こうしたいと思っていたことが実現できて、ストレスがありません」と語ってくださったM様ご夫妻。M様ご夫妻とホープスさんの家づくりは、まさに注文住宅のよさを最大限に生かしたものだったと言えるだろう。

7

Movie:「こだわりのキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

お客様のBlog:http://ameblo.jp/kaco-family-house/entrylist-1-1.html

Works:砧の茶室のあるストレートダイニングの家