カテゴリ:ガレージの建築実例

ガレージハウスは特化した雑誌が出ている程の人気があるカテゴリです。車やバイクを雨ざらしにせず大切に保管出来ます。ここではガレージハウスの事例を集めました。

【 ガレージ 】

ガレージハウスの魅力

車好き、バイク好きの方に話を聞くと、愛車を眺めているだけで時が経つのを忘れてしまうそうです。単なる車庫ではなく、車を眺められる設計的なアイディアや、車を整備をする為の機能等に特徴があるガレージを持つ家。居住空間と一体となった空間で、愛車を楽しむ暮らしを送りたい人に最適の建築方法がガレージハウスです。ガレージには2台以上の駐車が出来る空間やターンテーブルを設置した家など様々な事例が有ります。

都内など土地の値段の高い地域では、車庫を取ると居住空間が圧迫される為、敷地外の場所に駐車場を持つ人も少なくないようです。ただ、土地の値段の高い場所は月額の駐車場代も高くなる事がネックになります。

何より車好きにとっては、自分の大切な車が風雨にさらされたり、イタズラなどに対処できないのは、ありえないこと。愛車を眺めたり、自分の近くに置いておいてメンテナンス出来る事にガレージハウスの魅力があります。

空間をつくる際の注意点

ガレージハウスを考える際に考えなければならないのは、まずその空間の居心地の良さです。ガレージは車庫がメインの機能なので、自然光が入りにくい作りになります。それを人工的な照明で補うのか、天井高をとりハイサイドライトを取るなどして自然の光を取り入れるのかを、プランの段階で検討しておく必要があります。

収納スペースも重要な要素です。ガレージにはメンテナンスの器具を始め、それ以外の趣味の物を置いておいたりする為、かなりの収納スペースが必要となります。収納を置いたことでガレージが狭くなって居心地が悪くならないように、設計段階から収納をどのように取るかを想定しておくと良いでしょう。

また、ガレージ部分も部屋の中も居心地の良い空間にするためには排気ガスの処理に注意が必要です。建物も開口部と排気ガスの関係に考慮し、しっかりと排気ガスを遮断する必要があります。またエンジン音についても防音の対策等が必要となります。

関連カテゴリ: 狭小住宅

建築実例を探す

スタイルから探す

地域から探す

タグから探す

Homeへ