素材感にこだわったインダストリアルな狭小2世帯住宅(2021.01着工)

社内検査

関西では既に梅雨入りしたと言われていますが東京でも今週は梅雨のような雨続きの天気でした。

現場では今週は社内検査が行われました。

 

 

 

 

 

 

弊社では工事完了後、お引渡し前の間に社内検査を行っております。この検査は弊社代表を含めてstaff全員で現場に行き、納まりや仕上がり等を確認する検査です。

良かったところ、失敗したところを含めて”もっとこうすれば良かった”などを確認し次につなげるために行っております。

 

これにて全ての工事が完了しましたのでこの現場レポートも最後となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。他の記事もご覧いただければ幸いです。

この現場の竣工写真等も後ほどWorksにUPさせていただきますので楽しみにして頂ければと思います。

ウッドデッキ施工

今週は暖かいというよりもむしろ暑いくらいの天気でしたね。街中でも半袖の方がちらほら見られましたね。

今週はリビングのウッドデッキの施工を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して広くはありませんが、あると嬉しいリビングのバルコニーです。

黒い外壁にブラウンのルーバーが良い感じにマッチしています。

また、外壁とルーバーの面をそろえることで跳ねだしたバルコニーに一体感を感じさせるようにしています。

さて、この現場もいよいよ終わりが近づいてきました、来週に工事が全て完了し、残すは是正期間となります。

来週にはクリーニングが完了し、建物の全貌が見られるように思います。

クロス貼り

今年もGWが終わってしまいましたね、今年も去年同様コロナの影響により外出がままならない状況でしたが、皆様はどのように過ごしましたでしょうか?

さて、現場では仕上げ工事のクロス貼が行われております。

 

 

 

 

 

 

 

今回のクロスは非常に薄いため下地のパテ処理をきれいにしなければボードのジョイント部やビスが丸わかりになってしまいます。

今回お願いした職人さんはとても丁寧にパテしてくれたため仕上がりが楽しみです!

いよいよ工事も終盤、最後の追い込みを頑張りたいと思います。

足場解体

今週の半ばは半袖でも良いくらい暖かく、他の日も非常に天気が良く過ごしやすかったですね。外出日和なのに緊急事態宣言が出てしまい残念でなりません。

さて、現場ではいよいよ足場が解体されました。

 

 

 

 

 

 

 

青空に黒のサイディングが”映え”ます。

今回外壁材は何度か紹介させていただきましたが東レのラップサイディングを採用しております。

作業を見たりしながら非常に職人の作業精度が求められる材料だと痛感しました。

足場が解体され全体を見てみても職人さんにはきれいに仕上げてもらったことが感じられます。

内部の方も仕上工事が完了しつつありますが、追ってご紹介させていただきますね。

工事もあと少し!最後まで頑張っていきたいと思います。

内部木部塗装

今週はなんだか夜間の冷え込みが激しかった気がするのですが気のせいでしたでしょうか?

現場では木工事が完了したということで仕上げ工事が始まりました。

まずは塗装工事からです。

今回の物件はリビングの現し梁が見せ場の一つです。

 

 

 

 

 

 

塗料はルビオモノコートという染色塗料を使用しております。

染色塗料なので表面に色付けするのではなく、木の内部にまで浸透させ木が伸縮しても色が落ちないようになっております。

来週からはクロス工事です。

木工事終了

今週は夕方に突然カミナリがなったり朝晩が冷え込んだりと服装に困る一週間でしたね。

さて、現場では約2か月間にわたる木工事がついに終了しました。

木工事終了ということで今週にはキッチンが搬入されました。

 

 

 

 

 

 

(養生されていますが、)本現場ではイタリアのメラニンキッチンを採用しています。

キッチンカウンターにはセラミック仕様になっておりまな板が無くてもそのまま包丁が使えます。

工事中はキズ・汚れが無いようにしっかりと養生するためお披露目は竣工直前になりますので、それまでお楽しみにしていてください。

さて来週からは内部の塗装・クロス工事を開始していきます!

内部ボード貼状況

今週からは4月となりましたね。新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき方をよく見かけました。自分も昨年に入社したばかりなので懐かしい気持ちになりました。

さて、現場では木工事も大詰めとなりボード貼の真っ最中です。

 

 

 

 

 

来週には木工事完了となり仕上げ工事、塗装→クロスの流れとなってきます。

仕上げ工事になるといよいよ完成が近づいてきた気がしますね!

内部状況

今週は朝晩はまだ肌寒い日もありましたが、日中は暖かく過ごしやすい日が多かったですね。また桜も咲き見ごろを迎えており春らしい景色が見られますね。

現場状況ですが、2週連続外部の工事状況をお伝えしていたため今週は内部状況です。

現在は間仕切壁や天井野縁も施工し終わり、ボードを貼っている状況です。

 

 

 

 

 

 

写真はキッチン周りの様子です。

今回この現場ではアドバンのイタリアンキッチンを使用する予定です。

キッチンはこの家の魅力の一つのため設置が楽しみです。

外壁工事開始

今週は暖かい日が続き春の陽気な天気が多かったですな。また今週は卒業式のところが多かったようで袴やスーツ姿の学生が多く見受けられましたね。

今週から現場では外壁工事が開始されました。

 

 

 

 

 

 

 

外壁工事はまずは下地の胴縁の設置から行います。胴縁はサイディングを外壁に取り付ける役割も果たしますが、通気の役割も大きいです。

木造住宅の場合、柱や壁などに木材が使われており木材は伐採から数十年かけて内部の水分を放出します。そのため放出された水分の逃げ道が必要になり、この胴縁層が水分や湿気の通り道の役割をしてくれています。

最近では様々な通気の取り方がありますが、弊社では基本的には胴縁による通気工法を採用しております。

今回この現場では東レのラップサイディングを採用しており、弊社では珍しい仕様なので仕上がりがとても楽しみです。

屋根施工完了

今週は不安定な天気が続き、土曜日には久しぶりのまとまった雨が降りましたね。

さて現場では今週は屋根工事が完了いたしました。

 

 

 

 

 

 

屋根は多くの場合、下側からは見えないため色などは熱の反射率が高いシルバーを使用することが多いです。

今回使用しているのはシルバーの艶ありは熱反射率が高いため夏の太陽光を反射しますが、マットブラックなどを採用されると反射率が低いため、太陽熱を吸収し夏場の屋根裏がとても暑くなります。

外壁との絡みが無い場合はやはり性能を重視した商品選びが大切ですね。

来週からはいよいよ外壁工事が始まります。この物件は東レのラップサイディングを採用させて頂いており仕上がりが楽しみです。

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ