上野毛N邸改修工事

完成御引渡

 

 

本日を持ちまして無事、完成御引渡となりました。
水廻りの工事等は無いのですが、シンプルにまとまった内装に天井高
のある屋内ガレージと何れも開放感のある良い空間に仕上がりました。

外装完成(ほぼ)

 


外壁も貼り終わり足場解体しましたので全貌が明らかに!!
金属製サイディングの青系ですが、原色の青ではなく紺に近い色合い
ですのでとても落ち着いた雰囲気で馴染みも良くいい感じですね。
先日各種完了検査も実施し、指摘事項の手直しの上いよいよ来週
には御引渡です。

内装状況

 


内装屋さんによる天井・壁のクロス仕上、一部床のクッションフロアー貼り
を行っております。夏季休暇明けの器具取付に向けて佳境に差し掛かって
おりますので、御引渡時にはお客様に喜んで頂ける様気を引き締めて良い
仕事をして参りたいと思います。

外壁止水検査

 


弊社代表による外壁の止水検査を実施致しました。
弊社では、外壁の防水紙貼り・サッシ廻り止水処理後「新築・改修」に関わらず
必ず弊社代表による止水検査を実施しております。
担当者にて自主チェックはもちろん行なっておりますが、さらに第三者の観点
より2重3重の目を通す事により漏水を未然に防ぐ努力をしております。
それにしても暑くて気が滅入りそうですが、お盆に向けてもう一踏ん張りですね。

土台敷設

 


基礎補強工事も完了し大工さんにて1階住居部分の床組替工事を進めて
おります。既存床との擦り合わせを行うので微妙な歪みの調整等を行い
ながら進めてまいります。改修工事は開けてビックリな事が多々あるので、
想定外の事も想定しながら?(笑)
進めてかなければいけませんのでめげずに頑張ります。

補強基礎配筋

 


構造補強工事も着々と進行しております。
内部の既存基礎に新たに抱き合わせる基礎配筋状況です。
既存の基礎にケミカルアンカーを一定間隔にて配置し既存
基礎と補強(新設)基礎とを緊結し一体化させる工事です。
来週には型枠を設けコンクリート打設を予定しております。

基礎根切

 


補強基礎を行うにあたり既存基礎脇の土を掘削する根切工事を行いました。
既存家屋内ですので作業もとても大変そうです、人海戦術のバケツリレーで土の
搬出作業も完了しましたので配筋工事・コンクリート打設と進めてまいります。

軸組替(小屋組)

 


引き続き梁や柱・筋違等の構造材の組み替えを進行しつつ適材適所に
金物を配置しております。 小屋組みから上に関してはほぼ新材にて組替
を行っておりますが、1階~2階は既存の構造体を残しつつ適宜新材を
織り交ぜながらの作業ですので、不陸微調整やレベル調整・仕口加工を
行いながら進めております。
新築とは異なり一筋縄にいきませんが大工さん共々頑張っております。

解体兼軸組替

 


構造補強案が出てまいりまして、補強費用の了承も得られたので工事
再開と相成りました。 軸組替えに絡む解体工事も延期としておりました
ので解体作業を行いながら組み替えを同時に行っております。
柱や梁等の構造物を1本1本現場で墨出しを行い仕口を作り組替えて
いきます。さすがはベテラン大工さん、段取り良く迷わずに仕口加工
から組立と進んでおります。感服いたします。

平屋 屋根縦ハゼ葺き

 


天気の良い日も続き梅雨入り前に平屋屋根の板金葺き替え工事は完了
しました。元々の瓦を撤去した際には10㎥前後処分したので、瓦屋根に
比べると圧倒的に屋根の自重が軽くなり構造体への負担もかなり軽減
されるはずです。
また、見た目にもシャープに仕上りすっきりとした印象に変貌しました。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ