着工

今週より新規レポートを書いていきます。

遣り方

敷地境界から建物の土台の位置やアンカーボルトの位置を求めていきます。

こうする事で図面通りの場所に建物を建てる事ことができます。

SE構法では柱の位置や高さが数ミリ違うだけでピンが入らなくなってしまう為とても重要な工程です。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ