基礎立上りの打設

耐圧板の打設が完了し、基礎の立上り部分の打設です。

SE構法では柱・梁の位置が数ミリずれただけでピンが入らなくなってしまいます。

そのため柱の下にくるアンカーボルトは基礎打設の際には型枠に固定され、基礎天にはフラットになるように水のように流動性の高いコンクリートを流し込みます。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ