アンカー金物設置

今週も暑かったですが、少し前と比較すると幾分過ごしやすくなりましたね。現場に出ていると天気や気候の変化に敏感になり、季節の変化を感じます。

先週は基礎工事が開始し、遣り方・捨コン打設を行いましたが、今週はアンカー金物を設置しました。

アンカー金物は耐圧板・基礎立上り部分打設後、その上につく1階の柱脚金物と基礎をつなぐとても大切なものです。このアンカー金物の位置がずれていると柱脚金物の位置もずれてしまい、結果として家全体の位置・大きさが変わってきてしまいます。そのためこの金物を柱脚金物に設置する際の許容誤差は10mm以内と決められています。序盤の工程ながらかなりの慎重が求められるものです。

 

 

 

 

 

 

 

捨コンの上に墨出しをして、

 

 

 

 

 

 

 

高さも確認します。

ばっちりですね!

来週は生コン打設の予定です、雨が降らないことを切に願います。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ