狭小住宅をお考えの方!間取りをできるだけ広くするには?

狭小住宅で部屋を広く見せたい方はいませんか?
実は部屋を広く見せたい方は多くの方が悩んでいます。
狭小住宅は部屋がそこまで広くないデメリットがあるため、不便と感じる方も多いでしょう。
そのため、本記事を参考にして狭小住宅でより快適に過ごしましょう。

□狭小住宅って?

そもそも狭小住宅とは一体何でしょうか?
狭小住宅は土地が狭い場所に建てる家のことです。
そして狭小住宅の大きな特徴は3階建てにしている方が多いことです。
スペースが狭い分、住宅を高くできます。
3階建ての家に憧れを持つ方はぜひ検討してください。
また、狭小住宅は土地の費用を安くできるメリットがあることも押さえてください。
そしてここからは具体的に狭小住宅の間取りを広く見せる方法を紹介します。

□間取りをできるだけ広く見せる方法

❇︎屋上スペースをうまく利用する

実は屋上を有効利用することで狭小住宅を広く見せられます。
どのようにして屋上スペースを広く見せるのでしょうか?
例えば、植物を屋上に置くことで住宅全体を大きく見せられます。
錯覚の効果で住宅を大きく感じられるでしょう。
これによって近所の方に住宅の大きさをアピールできます。
狭小住宅の弱点をカバーできるためおすすめです。
手軽にできる方法なのでぜひ試してみてください。

❇︎光をうまく利用する

一般的に光で部屋が明るすぎると、部屋が広く感じられる効果があります。
それとは対照的に黒に近い色は、物を小さく見せる効果があり、部屋が小さく見えます。
例えば白に近い家具を多く取り入れてみることや、部屋を明るくするために天井を高くする方法があるでしょう。
開放的な気分になる便利な方法です。
小さなことですが簡単にできることなのでぜひ試してみましょう。
また、ガラス張りを使って、光を意図的に部屋の中に入れる方法も有効と言えるでしょう。

❇︎収納スペースを使いすぎない

狭小住宅を建てる際には物を買いすぎないことを心がけましょう。
物を買いすぎると多くの障害が生まれます。
物を買っても使わなければ意味がありません。
ただ部屋のスペースを取るだけになってしまいます。
どうすれば物を買いすぎないようにできるのでしょうか?
対策は簡単です。
物を買いすぎないために、買った物を長く使っているかイメージしてみましょう。
もし時が経っても、使うイメージができる場合に限り、物を買うように心がけてください。
買うかどうか考える癖を身に付けることで、衝動的に物を買う習慣を減らせます。
また、階段の下のスペースを活用することもオススメです。
例えば、階段の下のスペースに収納棚を置いて部屋のスペースを無駄なく使えます。

❇︎吹き抜けや窓で部屋を広く見せる

吹き抜けや窓は光を取り入れることで部屋を広く見せられます。
光で開放感を演出できるため、誰でも簡単にできる方法と言えるでしょう。
どうすれば光を部屋の中に取り入れられるのでしょうか?
それは、できるだけ狭小住宅を設計する段階では、窓や吹き抜けを考慮して担当者と話を進めておくのがおすすめです。
一度建設してしまうと、リフォーム費用が追加でかかってしまいます。
また、担当者と相談する方法と同時に、あらかじめ自分が作りたい住宅をイメージしてください。
例えば、あなたが窓や吹き抜けをどこに設置したいか考えておくことです。
それによって、スムーズに担当者と相談ができます。

❇︎空間の仕切りを少なくする

空間に仕切りを作ってしまうと、その分のスペースがどうしてもなくなってしまいます。
仕切りは多すぎてもあまり大きな意味を持ちません。
できるだけ最小限の数に留めておくのが良いでしょう。
また、仕切りが多いと費用もかかってしまいます。
ただ仕切りがあまりに多いと、狭小住宅のスペースがどんどんなくなるため、仕切りは少なめの住宅を検討するのが良いでしょう。

❇︎収納スペースの使い方を工夫する

収納スペースをうまく使うにはどうすれば良いのでしょうか?
そのためにはボックスを使って小さくまとめる方法があります。
棚の中に衣料品や雑貨品をそのまま棚にしまうと、見た目が汚く見え、スペースも無駄に使ってしまいがちです。
やはりこれでは狭小住宅で快適に過ごすのは難しくなるでしょう。
収納スペースを作るにはどうすればよいのでしょうか?
例えば、机やベッドの下がが挙げられます。
一見、小さなことですが部屋の開放感を演出するには地道な行動がとても重要です。
ぜひ一度これらの要素を振り返ってみて、修正できるところがないか確認してみてください。

□まとめ

本記事では狭小住宅をの間取りをできるだけ広くするための方法をまとめました。
狭小住宅はスペースに限りがあるけど、紹介したような方法で広く見せられます。
でも、やはり実際にスペースを広く見せることは難しいでしょう。
当社がお手伝いします。
お客様に合った住宅の希望を実現させるお手伝いをさせてください。
もしお悩みの方は遠慮なくご連絡ください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅について深く紹介します!

近年話題の狭小住宅をみなさんはご存知でしょうか。 ミニマリストという生き方の広まりと共に広がってきた狭小住宅について詳しく知っている方は少ないでしょう。 新しい住まいを考えている場合、狭小住宅のメリットやデメリットを知っ […]

狭小住宅でも楽しめるインテリアを提案します!

狭小住宅だからインテリアはあまり楽しめないと諦めている方はいませんか。 狭小住宅でもインテリアは楽しめます。 狭いからこそできるインテリアがあるということをご存じですか。 今回はインテリアのポイントと狭小住宅だからこそ得 […]

狭小住宅でのアイデア、広く感じさせる工夫とは?

狭小住宅は文字通り狭くて小さい家ですが、アイデア次第で暮らしやすい快適な空間にすることが可能です。なにより土地にかけるコストを抑えられるので、少ない予算でより便利な場所に住むという希望もかなえられるとあって昨今注目されて […]

狭小住宅をお考えの方へ、制震と免震の違いとは

狭小住宅とは一般に約15坪以下の土地に建てられる住宅のことで、読み方はきょうしょうじゅうたくです。少子高齢化や核家族化で広い戸建が必要とされず、土地が狭い分都心の一等地にも建てられることから需要がのびています。スペースが […]

狭小住宅をお考えの方へ、建蔽率と容積率って?

地価の高い都心部などでは、家を建てるのに必要な土地を購入するのは大きな負担です。ですから、狭い土地に家を建てることで土地代を安く済ませる方法があります。そのように敷地が15坪(およそ50㎡)以下の土地に建てられた家のこと […]

Homeへ