清野廣道の家づくり ちょっと世間話・耐震、制震、免震の違いとは?狭小住宅の検討中の方必見!

地震大国である日本では、耐震性がある住宅が求められています。
特に都心部で狭小住宅の建設を検討している方は、耐震について心配されている方は多いのではないでしょうか?
地震から住宅を守るための住宅の工法は、耐震、制震、免震の3種類があります。
そこで今回は、耐震構造、制震構造、免震構造の違いについて詳しくご紹介します。

□耐震構造

耐震構造は、大きな地震の揺れに耐えられるように、柱や壁を強化した構造を指します。
柱や壁を強化するには、筋交いをX状に補強したり、土台と柱の接合部をボルトで留めたりすることが挙げられます。
制震構造、免震構造は、地震の揺れを分散させる、また伝えないようにする構造です。
揺れに耐えるための耐震構造は、この2種類の工法と比べてコストが安いのが特徴的です。

□制震構造

制震構造とは、建物内に配置した制震装置であるダンパーが、地震エネルギーを吸収し、地震の揺れを制御する構造を指します。
ダンパーが地震の揺れを吸収することで、壁のひび割れや躯体(くたい)の損傷を少なくできます。
躯体とは、建物の構造を支える骨組みのことです。
また制震構造は、高層の建物の揺れを抑えられるため、高層ビルに設置すると効果的です。
ダンパーが壊れる可能性は低く、交換頻度も少ないため、免震構造よりもコストが安いです。
地震がいつ来るかわからないため、タンバーの損傷に不安がある方は、定期的な検査を行うことで、毎回の地震に備えられます。
耐震構造と比べ、地震時の揺れは、大きく抑えられます。

□免震構造

免震装置は、建物と基礎の間に免震装置である積層ゴムを設置し、地盤との距離を離すことで、建物に直接地震の揺れを伝えない構造です。
大きな地震が家に伝達する前に、免震装置を通して、ゆるやかな横揺れに変え、家具の転倒などの被害を最小限に食い止められます。
耐震構造や制震構造に比べ、室内での被害を大幅に減少します。
一方で、機能性が高い分、コストが非常に高くなります。
40~50坪の新築住宅の場合、免震構造機能を追加するには、約500万円の追加費用がかかります。

□まとめ

今回は、耐震構造、制震構造、免震構造の違いについて詳しくご紹介しました。
地震はいつ来てもおかしくありません。
ぜひ、この記事を参考に、自分たちが納得できる構造が備えられている住宅を選びましょう。
当店では、お客様に合った、自分らしい暮らしを実現するための家づくりをご提案しています。
ご興味がありましたら、お気軽にお問合せください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・狭小住宅を検討中の方必見!間取りを考える時のポイントとは?

狭小住宅は、都内など狭い土地のスペースを利用建設されることが多いです。 そのため、より開放感があり、広く見せるためには、間取りの工夫が必要です。 そこで今回は、狭小住宅での間取りを考える時のポイントをご紹介していきます。 […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・狭小住宅を広く感じさせる色選びとは?色から作るインテリア。

都内の住宅は、狭小住宅が多いです。 そのため、より広く見せたいと考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。 実は、色の選び方によって、狭い部屋をより広くみせるインテリアコーディネートができます。 そこで今回は、部屋 […]

Homeへ