カテゴリ:ロフトの建築実例

ロフトはデッドスペースを有効活用できる上に、縦方向への広がりを感じさせてくれる狭小住宅の心強い味方です。住宅に楽しさをプラスするロフトの活用事例を集めました。

【 ロフト 】

屋根と天井の間を利用し、室内の一部に2階を作って生まれる空間がロフトです。この空間を利用すると、プラスαとしての収納や小部屋が増やせるので、人気があります。1階分としてカウントされないので、延べ床面積に応じで増える固定資産税にも響きません。ただし、無制限に使える空間ではありません。

ロフトのある家にする場合の建築基準法による制限

  • 天井高 1.4メートル以下
  • 面積 ロフトがある階の2分1以下 8分の1以下を超える場合には、各階の壁量を増やさなくてはならない
  • 固定階段はつけられない

自治体によって異なります。東京都の場合、区によっては、可動式階段、及びは梯子程度にする、固定階段は収納の床面積に算入、建築基準法23~25条を守ることというように、条件によっては固定階段をつけられることもあるようです。

ロフトの使い勝手は良いのでしょうか?

ロフトを作ることによって、天井が高くなり、開放的な空間になり、窓との組み合わせで、日当たりや風通しをより良くすることもできます。
収納スペースが増やせる、子供の遊び場や、寝室として利用できるなど、アイデア次第で利用法も広がります。
ただ、法的な制限があるので、部屋として使おうとした場合、必ず使い勝手の良い空間になるとは限りません。

ロフトのある家の室内環境とロフトの関係

ロフトがあることによって空間が広がる分、部屋全体の冷暖房の効率が落ちる恐れがあります。暖かい空気は、上に昇っていく性質があるので、冬は暖房の暖かさがロフトに上がっていってしまい、室内が暖まりにくい状態になってしまうのです。反対に、夏は屋根からの熱がこもるので、寝室や子供部屋としては使いにくい状態になってしまいます。

その為、ロフトを収納以外にも使う計画であれば、家全体の断熱性を高めておく必要があります。

収納として使うロフトの問題点

もし、梯子や可動式階段のロフトであれば、両手に大きな荷物を持って、昇り降りするのは、難しいでしょう。高齢になれば、さらに使いにくくなってしまいます。結果的に、一人では大きな荷物を出し入れしにくい、誰かに手伝ってもらえる時にしか使えないという収納スペースになってしまう恐れがあります。

収納として使うことを目的に考えている場合には、安全に昇り降りできる階段を考慮する必要があります。

ロフトのある家と耐震性の関係

ロフトを作ると、ロフトの使い方にもよりますが、家の上部が重くなるので、在来工法の場合、耐力壁が余分に必要になります。耐力壁を増やさず、ロフトを作れば、耐震性が低下してしまうからです。ただし、外枠を頑強に造るSE構法であれば、その心配はありません。自在に広い空間を作れるSE構法は、高い耐震性を持つロフトのある家を造ります。

関連カテゴリ: ロフト 狭小住宅

建築実例を探す

スタイルから探す

地域から探す

タグから探す

Homeへ