逗子K邸改修工事(2013.6竣工)

御引渡


御引き渡しとなりました。 逗子・鎌倉の街ににどっぷりと浸かった濃密な半年間でした(笑)もちろん、現場メインで観光してる暇が残念でしたが、とても環境の良いところですね。 是非時間がある時に家族で観光に行きたいと思っております。
最後に外観の写真ですが、個人的で恐縮ですがとても私好みの下見板仕様の仕上がりとなっております。施主・設計者のこだわりを盛り込んだデザイン性の高い住まいに仕上がっているかと思います。

ラウンジ完成


素敵なラウンジが完成しました。壁はR造作壁に西洋しっくい、床は輸入絨毯敷設でとても落ち着く空間となっております。
ラウンジと隣のスタディー含め建物全体の空間はとても羨ましいですね。

キッチン完成


完成いたしました。 フルオーダーのシステムキッチンです。カウンターから扉にかけてはステンレスPHL加工板を貼り合わせております。

塗装下地処理(内部)


内装工事に取り掛かっております。 塗装下地のパテ処理を念入りに行っております。塗装にしても壁紙にしても下地処理の丁寧さによって仕上がり具合が変わってきますのでとても重要な作業です。

外部仕上状況


連休前に天気も回復し良かったですね。現場も天気に恵まれ良かったです。 内外部共仕上工事を行っております。外部は9割方完了しております。外壁はカラーセメント系の仕上材で木摺仕上となっております。ブラック系ではあるのですが、トーンは低めで暗さは感じられずにシックな感じに仕上がりました。内部も家具・しっくい・石・カーペットetc、、、と見所豊富ですので随時UPしていきます。

外壁 ラスモルタル


先週までとは一転今週は小春日和が続き心地が良いですね。 現場では外装のラスモルタル下地を施工しました。乾燥養生期間を経て化粧モルタルの仕上げ塗りとなります。また、玄関周りの一部は木製サイディング貼り&木製玄関ドアとなっておりそちらもとても良い雰囲気ですのでまた後日UP致します。 内外共に建物も徐々にお化粧が施されて仕上がっていきますね。

通気胴縁


しかし、最近は天気が不安定で現場としては困りますね。花粉込みで風は強いわ雨は降るわ、、、で梅雨時よりもたちが悪いですね。小春日和ですと清々しくてとても心地好い季節なのですが、さて現場は雨風関係なく進んでおります。貴重な晴れ間をみて外部の胴縁取付を行ないました。開口部廻り含めてキッチリと施工されていますので見た目にもキレイに仕上がっており満足です。

断熱材充填・間仕切下地 状況


内部の下地状況もだいぶ進んでまいりました。断熱材が充填されてさらに建物感が増しましたね(笑)これから各所枠や階段などの無垢造作工事を経てボード貼りへと移行していきます。

R壁造作


ラウンジスペースのR壁造作の下地状況です。 R壁は納め方がなかなかシビアでして、壁をおこすには通常のベニヤやボードでは曲がりが利きませんので、専用の曲がりベニヤ等を用いて造作します。また、墨出しの際にも曲がりベニヤに寸法を罫書き型を作成の上下地組みとなりますので大変な作業ですね。個人的にはこの様に仕上前の見えない部分の納め方こそ最も重要だと思ってますので、キッチリと段階を追って丁寧に納めてもらえるととても安心感がありますね。まさに大工さんの腕が光ります。

外壁下地組状況


外周部の間柱建てからラーチ貼りを行い、現在サッシ取付も完了しました。 外周部は来週から外壁の透湿防水シート貼りを予定しており、紙貼り完了シーリング後に社内止水検査を経て「胴縁→外壁モルタル→養生→外壁仕上」の流れで進めて行きたいと思います。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ