大田区A邸新築工事(2013.12月竣工)

お引渡し後着火式


本日は暖炉の火入れを行いました。 暖炉を付けたのは今回の工事で初めてなのですが、今回の工事は東京ストーブさんに行って頂きました。 可愛らしい暖炉を取り付けました。小さくてもやはり暖炉ですね。非常に暖かいです。 スローな時間を感じることが出来そうですね。都内の生活は電車や人モノが多くどうしても急がされる傾向にありますがこの暖炉を見つめていると少しだちどまって、ゆっくりと物事を見つめることが出来そうですね。

デッキ工事


今回のウッドデッキ工事は少し特殊な工事となりました。2Fの床レベルに施工するのですが鉄筋コンクリート造の梁の上に桁を設置してこのデッキを敷きました。1F部のコンクリート躯体工事を始める以前の施工図起こしの時点からこのデッキの納まりを検討していました。うまく納まり一安心です。 このデッキの材料はレッドウッドという材料を使用しています。 名の通り赤っぽくて、外から見ると非常にいい色味となっています。

内装工事完了

内装仕上げがほぼ完了し設備機器などの試運転をかけました。 屋根が特徴的なので空間の広がりをすごく感じる建物となりました。 屋根の上り梁から出ている母屋を納めることに手間がかかりましたが、照明がつくと非常に綺麗に映えます。

階段室手摺造作


階段室の手摺の造作が完了しました。シナ材で下地を作りこのあとクロス仕上げを行っていきます。 仕上がりが非常に楽しみです。

内部工事


サッシが取り付き、壁の中には断熱材が充填されました。 断熱材が充填されると建物の中はほんのり暖かい感じがします。 これからは電気配線を行っていきます。コンセントやスイッチ位置は打合せで変更になりやすい項目です。引き続き打合せを行いながら配置を確認し修正を行いながら進めていきます。

防水検査


本日は、弊社代表の防水検査をおこないました。 今回の建物は屋根の部分が複雑になっているので屋根周りと外壁との兼ね合いの部分を重点的に行いました。 防水の納め方を協議しながら現地確認をしていきます。

防水工事


屋根の下地が出来上がり防水工事の準備中です。 平らな部分はFRP防水を施し、斜め屋根部分は板金屋根を施します。外からはよく見えない部分になってしまいますが止水性を十分検討し納めていきます。

上棟~屋根工事


建て方が完了し、屋根工事も完了しました。屋根の形状が変わっており3次元勾配になっていてプレカット、垂木加工に非常に苦戦しました。無事屋根が綺麗に納まりこれから屋根の防水工事に入っていきます。

型枠解体~土台敷き作業


養生期間を経て、壁の型枠を外しました。非常に綺麗にあがっておりパネルの割付やPコン位置もばっちりです。 本日は立て方作業の前段階として土台敷きを行っています。 建物の基準となる墨から土台の位置を出して組んでいきます。 いよいよ木造部の建て方に入っていきます。

2F床版配筋工事完了


壁の鉄筋、型枠工事が完了し2Fの床版の配筋作業も完了しました。これでいよいよコンクリートの打設の準備が出来き上がりです。このあとは落ちているゴミなどの除去や鉄筋の手直し、水洗いを行い打設前の準備に入ります。 また設備や電気用の配管も忘れが無いかの確認も図面と照らし合わせて行います。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ