品川区H4丁目計画(2013.10月竣工)

祝 御引渡


竣工おめでとうございます。本日御引渡と相成りました。外観のコントラストも良い感じですね。外壁の木パネルと袖壁の黒系板金に植栽の緑がより一層映えてとても雰囲気良く仕上がっております。

内部 完成写真②


先程の完成写真の続きをUPします。 2階の写真ですが、野地や柱・梁が現し仕上げですので木の良さを全面に醸し出しておりとても温かい雰囲気となっております。

内部 完成写真1


完成致しました。木の風合いを全面的に現し暖かみのある御住まいとなりました。各室の使い勝手も考慮し普段は壁等の隔たりが無い状態で空間を広く使用出来、部屋を分けて使用する際には4枚引戸にて部屋を仕切れる勝手の良い住宅となっております。
自然な木の風合いでどこか落ち着くとても心地の良い住まいに仕上がり満足です。

内装状況


いよいよ終盤の仕上げ工事に取り掛かっております。木部現しと白基調のクロス材の組み合わせが暖かみがあってとても良い感じです。外構工事と各種器具取付を並行して進めていきます。 シンプルかつ温もりのある住まいに仕上がりそうで楽しみです。

アンテナ設置


昨今はNTT光やCATV等で賄うことが多いのですが、お客様の希望で久し振りにアンテナを取り付けた物件となりました。片勾配屋根ですので壁取付となったのですが、隣地に越境しない場所と下地状況等を踏まえて取付られる箇所が引込口の真反対となってしまい配線を目立たせないルート探しに苦労しましたが無事完了です。 

手摺造作工事


大工工事も大詰めです。大工造作工事を行っていますが、吹抜手摺を組むのにビスが表から見えないように仕口を整え木栓等を使用して組み立てています。ビスや釘で表から固定する施工よりも手間はとても掛かりますが、職人の技が光りますね。 

屋根縦ハゼ葺き


シャープな屋根が完成しました。しかし夏場の屋根はとても熱く手をつくと火傷しそうな位に熱されています、冬場も夏場も外工事で板金屋さんも大変な職業ですね。 今回はガルヴァニウム鋼板の縦ハゼ葺きと言って線が細見でスッキリとシャープに見えますね。

外壁止水検査


ここのところ現場の検査が続いております。本日は、弊社代表による弊社独自の外壁止水検査を実施致しました。木造住宅の外壁防水層は構造上外装下の透湿防水シートや防水ブチルテープ・コーキング等に頼らざるを得ない為、密着具合含め精度の点で塗膜防水に比べ弱点が多いのが事実です。この段階に自社にて止水検査を行う事により、止水上の弱点や盲点を摘む事により未然に漏水を防ぐよう努めております。

軸組中間検査(住宅瑕疵保険)


本日は住宅瑕疵保険の中間検査を実施しました。躯体・筋交・構造金物・耐力壁、、、等等構造の軸組に関わる部分の検査を実施して頂きました。指摘事項もなく無事に完了しましたので、これで本格的に大工造作工事を進めて行けます。

上棟式


御施主様の計らいにより簡易的な上棟式の儀を執り行いました。実は、御施主さんは神社の宮司さんでしてご本人にて御払いして頂きました。 上棟式も時代の流れと共にどうしても簡易的な方向へ移り変わっていくものなのでしょうが、簡易的ではあっても神主さんによる御払いがあると気が引き締まるとともに安心感もあり、日本のとても良い習わしだと感じる事が出来ます。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ