タガヤセ大蔵プロジェクト(リノベーション)

改修の竣工・引き渡し


手直しや照明の設置も終わり、本日無事改修の竣工・お引渡しとなりました。 手摺等は福祉法人の方に検討の上設置して頂きます。 オーナー様、ここまで色々と大変お世話になりました。有難うございました。 竣工・お引渡し、おめでとうございます!

塗装・タイル


内部の塗装や玄関やキッチン周りのタイルなどの施工が完了しました。 木の柔らかく暖かい面とリハビリテーション施設としての明るさを確保する為いずれも白色ですが、天井はプラスターボードを張りパテを施したうえ塗装でしたが、キッチンを除く壁は木目が残るように浸透性がある塗装を施しました。

内部造作完了


内部造作がほぼ完成しました。設備系統の設置、塗装などの仕上をしていく工程に移ります。 電線は露出させ、材木をコノ字に加工して隠しています。建具の設置、外構などもこれからの工程です。

床合板と天井下地


図面が上がってきたので配線・配管をしながら床・壁・天井を進めていきます。 床はヒノキのフローリングです。やはりヒノキは良い匂いがしますね! 今後も作業が続くので、傷つかないように養生をして進めていきます。

内壁の施工


外回りには新しい断熱材を入れ、ベニヤ板でふさいでいきます。間仕切りも同じようにふさいでいきますが、全体的にそのベニヤが仕上げになる為、丁寧に仕上げていきます。

骨組み完成


基礎、柱、梁の補強が終わり、骨組みが完成しました。 同時に設備系統の配線・配管を行い、不要なガス管等の撤去作業も進めております

基礎補強工事


柱を新設するにあたり、新たに基礎を作ります。 構造の先生の指示の元しっかり配筋し、耐圧・立上り共に打ち終わりました。

骨組みの一部補強


解体が進むにつれ、一部補強しつつの進行です。 勿論間取りが変更になる為、柱の撤去や追加が必要になります。 上階に住人の方々が居る為に万が一にも崩れてこないように、柱が必要な場所に追加をし、少しづつ不必要な場所の柱を撤去をしていきます。 斜材も追加していき、建物の剛性をバランスよく向上していきます。

解体工事開始


解体作業開始です。 壁・天井・床を剥がして骨組みが露わになっていきます。

現場調査


2階建てアパートの1階部分を、通所リハビリテーション施設にするという、リノベーションです。 解体や補強から始まります。 2階には、引き続き住人の方々がいらっしゃる状態ですので、いつも以上に様々な部分に気を配りながらの工事になりそうです。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ