配筋検査

まだまだ残暑が厳しかったり、急に豪雨が降ったりと最近は天気が穏やかではありませんね。早く秋らしい過ごしやすい天気になってほしいです。

今週は配筋検査が行われました。

基礎内部の鉄筋は基礎の強度や品質に大きな影響を与えるのでしっかりと施工されているか外部の検査機関にチェックしていただます。

この物件は半地下の部分がありスキップフロアとなっているため他物件に比べて複雑な配筋となっています。

 

 

 

 

 

 

 

半地下部分の立上りやスキップ部分の段差などRC造のような光景となっています。

 

 

 

 

 

 

 

外周部との離隔距離や立上り部分の高さなど図面通りに配筋されているか検査して頂きました。

綺麗に並べられているとお墨付きをいただきました!

来週からはいよいよ耐圧板などのコンクリート打設が始まります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ