配筋検査

配筋検査が行われました。

配筋検査は行政機関が基礎内部の配筋が図面通りに入っているかチェックする重要な過程です。

写真のように図面と照らし合わせながら鉄筋のピッチなどを確認していきます。

 

 

 

 

 

 

無事に配筋検査を通過する事ができました。

ここにコンクリートを打設し耐圧板の完成です。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ