新物件着工

新規物件着工いたしました。今週より週1回この物件の工事進捗具合をUPさせていただきたいと思います。

まずは地盤改良からです。

軟弱地盤では地震が起きた際に建物への揺れの伝達が大きく、また地盤沈下などによる原因にもなります。いくら建物自体が揺れに強かったとしても建物を支える地盤が弱かったとしたら建物の倒壊を防ぐことができません。

そのため地表面から硬質地盤まで穴を掘りコンクリートの柱を打設する事で建物を支える”足”をつくります。

 

 

 

 

 

 

 

打設箇所に穴を開けて

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートを流し込みます。

コンクリートが固まれば建物を支えてくれる”足”の完成です!

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ