注文住宅を検討中の方必見!良かったオプションを紹介します!

「注文住宅のオプションって何だろう」
「オプションをつける時の注意点が知りたい」
「採用したら良いオプションって何かな」
注文住宅をご検討中の方で、このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで、今回は採用して良かったオプションをご紹介します。
この記事が参考になれば幸いです。

□オプションとは何か?

注文住宅のオプションとは何でしょうか。
そこからご説明いたします。

注文住宅を購入する際、ハウスメーカーによって標準仕様のものとそうでないものが違います。
標準仕様ではないものや、さらにこだわりたい部分に追加していくものがオプションです。

オプション選びに失敗して後悔しないためには、自分たちの暮らしに何が必要であるかをしっかりと吟味していくことが重要になってきます。
高いお金を払ってつけたオプションであったとしても、結局使わないこともあります。
ただ、その場合は後から返品はできません。

家を建てる前に自分たちの暮らしを想像して決める、というのは難しいですよね。
それゆえ、できるだけ多くの事例を参考にする、モデルハウスを訪れる、といった想像力を膨らませられる行動をとって考えていくことが重要です。
カタログやパソコンの画面で見るよりもイメージがつかみやすいでしょう。

注文住宅のオプションを選ぶ際には、各ハウスメーカーの標準仕様を確認していきましょう。
どこまでが標準仕様であるのかは、各ハウスメーカーによって違います。
担当者との打ち合わせの時に1つ1つ確認していきましょう。

ハウスメーカーの担当者はプロですので、わからないところはどんどん聞いてみて、取捨選択をしていくのが良いでしょう。

 

□採用して良かったオプションについて!

注文住宅のオプションについて理解していただけましたでしょうか。
それでは、注文住宅で採用して良かったと評判の良いオプションを10個ご紹介します。

*パントリー
これは、食品や食器の貯蔵や保管をしておくスペースです。
設置場所は、キッチン内かキッチンの近くになります。
余裕があるのであれば、ウォークイン型にする、換気扇をつけるなどさらに使い心地を良くしてみても良いですね。

*センサーライト
このライトは、人が近づくと反応して付くものですね。
防犯対策として玄関の外に設置することが多いです。
特におすすめの設置場所は、玄関や廊下、階段です。

*床暖房
お部屋を柔らかい暖かさで包んでくれる暖房器具です。
設置費用は高額ではありますが、ランニングコストもやや高めになってしまいます。
寒冷地で使用するといった場合は、部屋が暖まるまでに時間がかかるのでエアコンなどと併用するといった工夫が必要でしょう。

*電子キー
この鍵は、通常とは違ってスマホや専用カードをかざす、リモコンで操作する、指でタッチなど様々な種類があります。

*薪ストーブと暖炉
これらは、ただ部屋を暖かくしてくれるだけでなく、お部屋を魅力的にムードアップしてくれます。
ただ、煙突の設置が必要であることと、定期的なメンテナンスも必要になることに注意しましょう。
設置場所近くの防火対策も必ずしましょう。

*タッチレス水栓
これは、センサーで手を感知して水が出てくる水栓です。
キッチンに設置することが多いですが、洗面所やトイレの手洗い用もあります。

*バルコニー屋根
バルコニーに屋根がついていれば、急に天気が変わることを気にしないで洗濯物を干せますよね。
洗濯物を干して出かけるのも心配になりません。
費用に余裕がある方はサンルームにしてしまうという選択肢もありますよ。

*モニター付きインターホン
これは、モニター画面で来客者を確認できるので、防犯対策として設置することをおすすめします。
カメラの性能にもよりますが、広範囲が確認できるタイプもありますし録画機能つきのものもあります。

*ウッドデッキ
ウッドデッキは開放的な気分を味わえますし、アウトドアクッキングを楽しめます。
また、お子様の遊び場にできるので人気です。

天然木を使用した場合は定期的なメンテナンスが必要になります。
最近は、人工木材といった腐りにくい材質を使用したウッドデッキが人気です。

*キャットウォーク
猫を飼われている方は憧れでもありますよね。
キャットウォークは、壁の装飾も兼ねられるため、おすすめです。

ペットを飼われている方は、同時にペット専用ドアをつくっても良いですよね。

 

□オプションの注意点をご紹介!

おすすめの注文住宅のオプションをご紹介しました。
気になるオプションは見つかったでしょうか。
続いて、オプションを選ぶ際の注意点をご紹介します。

まずは、本当に必要なものであるかを検討して予算オーバーに気をつけることです。
自分にとって、本当に必要なものであるかを検討して予算オーバーしないように気をつけましょう。

多くの方がつけて良かったという評判の良いオプションであったとしても、自分にとって良いオプションであるとは限りません。
必要のないものをつけたら余計な出費となってしまいます。

それが本当に必要なものであるのかを、冷静に考えてみましょう。
設備機器のグレードアップを全部最高品質に揃えようとしたら、すぐに予算オーバーしてしまいます。

予算オーバーしないようにオプションをつけるためにも、優先順位をしっかりと決めておきましょう。
例えば、キッチンは最高品質のもので揃えると決めたら、他の場所は標準仕様にするとメリハリがつきますね。

また、ランニングコストを忘れないようにすることも重要です。
オプションをつけることによって、入居後の出費が大幅に増えることのないようにしっかり確認をしておくと良いでしょう。

次に、間取りのことを考えてみましょう。
オプションをつけることによって、他の場所に影響がでることがないか、使い勝手が悪くならないかを考慮してみてください。
生活動線を考慮せずに、日常的にたくさん使うものを家の隅に設置してしまうとオプションの利便性が失われてしまいますよね。

設置するものによっては、標準仕様の機器を整備した場合と大きく間取りが変わる可能性が出てきますので、必ずオプションのサイズもしっかりと確認しましょう。

そして、メンテナンスのことも考えましょう。
設備機器は設置して終わりではありません。
使っていくうちに老朽化していくものですので、設置した後のメンテナンスのしやすさも頭に入れて考えるようにしましょう。

工事請負契約前にオプションを決めておくことも大事です。
契約前に追加したいオプションをしっかりと決定し、オプション込みの見積額を出すことによって、予算オーバーが防げます。

細かい設計プランを決めずに、おおまかに決まった段階で工事請負契約をしないように注意しましょう。
契約後にもプラン変更ができるといっても、契約後にオプションを追加する、設備のグレードアップをすると追加費用を取られることが多いです。

契約後のオプション追加は、トラブルにもなりやすいため契約を結ぶ際には見積書や設計図面、契約事項をよく確認して不明点や疑問点は解消してから契約を締結しましょう。

□まとめ

採用して良かったオプション、オプションの注意点をご紹介しました。
どれか気になるオプションはあったでしょうか。
また、オプションは自分にとって必要なものを選択するようにしましょう。
そうすることで、より満足度の高い注文住宅になりますね。

HOPEsコラム 一覧へ

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

関連記事

注文住宅で成功したい?失敗例を知って失敗を防ごう!

「注文住宅を建てるまでの流れが知りたいな」 「工期遅延があった場合はどうしたら良いのかな」 注文住宅をご検討中の方で、このように悩まれている方は多いと思います。 そこで、今回は注文住宅を建てる際の流れをご紹介します。 工 […]

注文住宅を建てる際の流れとは?建築会社が紹介します!

「注文住宅を建てるまでの流れが知りたいな」 「工期遅延があった場合はどうしたら良いのかな」 注文住宅をご検討中の方で、このように悩まれている方は多いと思います。 そこで、今回は注文住宅を建てる際の流れをご紹介します。 工 […]

注文住宅は何にこだわれば良い?アイデアをご紹介します!

「注文住宅をおしゃれに見せたいがアイデアが思いつかない」「できるだけ失敗を防ぎたい」 このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。 内装や外装は工夫できそうですが、理想を詰め込みすぎると失敗しそうで心配ですよね。 […]

注文住宅の購入を検討している方へ!メリットとデメリットをご紹介!

注文住宅を検討しているという方はいらっしゃいませんか。 そんなときは注文住宅のメリットやデメリットについて知っておくことをおすすめします。 建てた後に後悔することが無いように、良い部分も悪い部分も理解したうえで注文住宅を […]

注文住宅をお考えの方へ!階段に関する様々なことを解説します!

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、階段についてです。 階段はあまり重要視されませんが、実は階段の配置で間取りが大きく変わります。 そこで今回は、階段について詳しく解説します。 注文住宅を検討中の方は、ぜひ […]

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ