注文住宅をお考えの方へ!照明の種類や選び方をご紹介!

「照明器具にはどんな種類があるのかな」
「照明器具で失敗しないために選び方を知りたいな」
注文住宅をお考えの方で、このような悩みをお持ちの方はいませんか。
今回の記事では、照明器具の種類をご紹介します。
部屋ごとの照明の選び方と照明計画の注意点も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□照明器具の種類をご紹介!

1つ目は、シーリングライトです。
高い位置から空間を照らすので、部屋全体を明るくしやすいこと、引っ掛けシーリングが設置してあればワンタッチで取り付け、取り外しが可能という特徴があります。
これらの特徴から、多くの住まいで採用されています。

また、リモコンで調光や調色ができるものや、空気の循環をさせるためのファンと照明が一体化したタイプ、スピーカーが内蔵したタイプなどさまざまな種類があります。
ぜひ、ライフスタイルに適したタイプのものを選んで、生活をより豊かなものにしてくださいね。

2つ目は、ダウンライトです。
天井に埋め込んで設置するタイプで、空間がすっきりとした印象になります。
一つ一つの明るさは控えめですが、バランス良く並べてメインの照明として使ったり、絵画を照らしたりと広さや目的に合わせて使うと良いでしょう。

3つ目は、間接照明です。
天井や壁などに光源を当てて反射させ、間接的に空間を照らすタイプです。
天井高を強調し、広々とした余裕のある空間を演出する効果があります。

4つ目は、ペンダントライトです。
天井から吊り下げるタイプの照明器具で、テーブルの上部に設置することが多いです。
ダクトレールと一緒に設置すれば、テーブルの向きを変えたときにも、それに合わせて位置を変えやすく便利です。

5つ目は、スポットライトです。
特定の場所を集中的に照らすための照明で、壁に飾ったものを照らすことでディスプレイを引き立てたり、アクセント壁を照らして素材の質感を強調させたりと、空間に感情を与えられます。

6つ目は、ブラケットライトです。
壁面に配置する照明で、室内だけでなく、玄関灯としても人気です。
やわらかな物陰をもたらし、奥行きを感じさせるなど、雰囲気がありおしゃれな空間を作り上げたいときはもちろん、起き型のスタンドライトを設置するスペースがない場合にも有効です。

7つ目は、フットライトです。
廊下や階段、ベッドサイドなどに設置して足元を照らす照明です。
人感センサー付きで、明るくない時間帯に人が近づくと点灯し、一定時間経過すると自動消灯するタイプのものがおすすめです。

□部屋ごとにおすすめの照明器具をご紹介!

ここからは、部屋ごとにおすすめの照明器具をご紹介します。

*リビング

リビングは、家族がくつろいだり、テレビを見たり、おしゃべりをしたりと、さまざまな用途で過ごす空間です。
空間をすっきりと見せたいのであればダウンライト、全体を明るくしたいのであればシーリングライトをおすすめします。
くつろぎ感をさらにプラスしたい方には、間接照明やブラケットライトを追加で設置することをおすすめします。
光の色を変化できる照明器具を選択すれば、シーンに合わせて違う雰囲気を楽しめるでしょう。

*ダイニング

ダイニングテーブルの上にはペンダントライトを採用している家庭が多いです。
テーブルの大きさや高さによって必要なライトのサイズや個数が変わるため注意しましょう。
また、ダウンライトを均等にではなく、テーブル中央をメインに配置するとスポットライトのような雰囲気ある灯りになっておすすめです。

*寝室

くつろぎの空間である寝室は明るすぎない照明が良いでしょう。
天井灯を設置する場合は、横になった際に光源が直接目に入らないようにカバー付きの照明器具を採用したり、ダウンライトであればベッドの頭の位置に配置したりしないように注意しましょう。
温かみのある色や明るさを調整できるシーリングライトも良いですが、思い切って天井灯を省いてブラケットライトやスタンドライトといった、補助照明や間接照明にするのもおすすめです。

*玄関や廊下

玄関は、来客の確認や移動中の安全確保のためにも明るく照らしたい場所ですよね。
上記でも少し触れた人感センサー付きのライトがおすすめです。
また、玄関の靴箱や収納棚の下に間接照明を設置して足元を照らすのも、雰囲気が出ておしゃれです。

□照明計画を進める上での注意点とは?

ここからは、照明計画を進める上での注意点を2つご紹介します。

*窓への映り込み

最近では家の中から庭が眺められるようにするなど、外のスペースを積極的に使う間取りが増えてきました。
家の中から庭を眺められれば視線が外にも抜けますし、ライトアップすればホテルや旅館のようなおしゃれさを演出できます。
ただし、そんなときに注意したいのが窓ガラスへの映り込みです。

外の空間もライトアップしたい場合は、室内側の照明はできるだけ絞って外の照明が映えるようにしましょう。
また、室内側も間接照明など光源が窓ガラスに反射しにくいように配慮することをおすすめします。
調光機能がある照明器具を採用して、光の強さをコントロールできるようにするのもおすすめです。

*均一な明かりの照明器具

照明計画は、電気配線図というどこにどの種類の照明を配置させるかが記載されている図面を元に進めていきます。
そして、この電気配線図を見ることで照明計画がどのように考えられているのかがすぐにわかります。

とにかく部屋全体を明るくすることだけを考えている方はいませんか。
明るさに意識を向けるのも良いですが、おしゃれな空間を目指してさまざまな位置から光を採り、空間に物陰をつけることもおすすめです。
もし、天井からの光だらけの住まいの場合、とにかく均一な光のみであまり面白みのない空間になってしまいます。

□広いリビングには1室複数灯がおすすめ!

ダイニングキッチンと一体型のリビングの場合、部屋が広く1つのシーリングライトだけでは部屋全体を照らしきれない場合があります。
その場合、ダウンライトによる1室複数灯がおすすめです。
ダウンライトとは、先ほども紹介したように天井に埋め込むタイプの照明で、カフェやレストランなどで良く見かける照明です。
一般的な住宅ではダウンライトを採用することが多く、さまざまなアレンジがなされています。

このライトは単体で見ると小型タイプの照明で、等間隔でいくつかを並べて設置するのが一般的です。
メリットは自由に光量を調節できる点です。
1つでは小さな明かりでも、複数使うと生活するのに十分な明るさを演出できます。

また、色調整のできるタイプのダウンライトを設置するのもおすすめです。
明るさをキープしたい場合は全てのダウンライトを昼白色で点灯させ、映画を見たり、お酒を飲んだりするときなどは、点灯させるダウンライトの数を減らして色調を電球色にすると良いでしょう。
家族のライフイベントや生活スタイルに合わせて自由に照明調節ができるので、新築のリビングが広くて明るさに不安がある場合はぜひ検討してみてください。

□まとめ

今回の記事では、注文住宅をお考えの方に向けて、照明器具の種類や部屋ごとにおすすめの照明器具、照明計画を進める上での注意点をご紹介しました。
照明によって住まいの雰囲気は大きく変わるので、ぜひ本記事を参考に照明計画を進めてくださいね。
また、マイホームをお考えの際は、ぜひ当社にお任せください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

関連記事

注文住宅を建てようと検討中の方へ!失敗しない玄関づくりを解説します

こだわりの注文住宅を建てたい方はいらっしゃいませんか。 そんな方へ今回は、失敗しないための玄関づくりについて解説します。 玄関は家の顔であり、家族に限らずさまざまな人が利用しますよね。 そんな玄関をつくる際に気をつけるべ […]

注文住宅で屋上をつくりませんか?活用アイデアもご紹介します

注文住宅をご検討中の方はいらっしゃいませんか。 実際に住宅を建てるとなった場合、決めなければならないことはたくさんありますが、今回はその際に是非参考にしてほしい、屋上をつくる魅力について解説します。 屋上を活用するアイデ […]

注文住宅をお考えの方は必見です!床材の種類やその特徴をご紹介します!

注文住宅をお考えの方で、床材にまでこだわりたいという方はいらっしゃいませんか。 せっかく注文住宅を購入するなら、毎日触れることになる床の素材で後悔したくないですよね。 そこで今回は、代表的な床材とその特徴を紹介します。 […]

注文住宅をお考えの方へ吹き抜けを設けるメリットとデメリットをご紹介!

「開放感のある注文住宅をつくりたいな」 「注文住宅の設備で迷っている」 このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。 注文住宅の設備で憧れる方が多いのは、開放感抜群の空間を生み出す吹き抜けです。 そこで今回は、吹き抜けを […]

旗竿地のメリットとデメリットを知って快適な住宅を手に入れましょう!

「旗竿地の住宅って住みにくくないの」 「旗竿地に家を建てるメリットってあるの」 旗竿地の住宅を考えているけれど、このような懸念をお持ちの方はいませんか。 旗竿地にはメリットもデメリットの両方を理解した上で、工夫をすれば快 […]

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ