デザイン住宅をご検討の方必見!内装を決める際のポイントを解説します。

住宅を建てるにあたって、家の印象と暮らしの快適さを決定する要因は「内装」です。
内装は、外観のイメージや間取りが影響したり、注意すべき要素が多かったりして考えにくいことと思います。
そこで今回は、内装を決める際に注意すべきポイントについて解説します。
デザイン住宅をご検討の方は是非ご参考ください。

□内装を決める際のポイントとは?

*フローリング

フローリングは部屋の中でも広い面積を占めるため、部屋のイメージに大きな影響を与えます。
例えば、洋風の家には白色のフローリングが合います。
逆にモダンや和風の家に合わせたい場合は、落ち着いた印象を与える黒などの濃い色のフローリングが良いでしょう。
どんなイメージにも合うのは、ナチュラル色のフローリングで、部屋の汚れが目立ちにくいことからも1番人気があります。

他にも、ツヤがあるものと、ツヤがなくマットなものでも印象が異なります。
部屋の印象に馴染む質感のフローリングを選ぶこともまた色と同様に重要でしょう。
肌触りがよく馴染みやすい無垢材のフローリングは人気が高いです。

*壁材

フローリングと同様、広い面積を占める壁材の中でも、人気のある4つの種類を紹介します。
1つ目は、タイルです。
外装でよく使用されるイメージがあるかもしれませんが、様々な色味や形がアクセントになるので内装に使用するのもおすすめです。
水や汚れに強いという特性を活かせば、キッチンや洗面所の水周りにもピッタリであることを押さえておきましょう。

2つ目は、塗り壁です。
珪藻土やしっくいを使用して壁を塗ることで仕上げる方法です。
調質や抗菌の効果が期待でき、落ち着いた印象の見た目にできることがポイントでしょう。

3つ目は、木材です。
優しい雰囲気を作れる木材ですが、使用しすぎるとログハウスのようになってしまうので、アクセント使いするのが効果的な使用方法です。
壁材に木材を使用する場合は、見た目の良い無垢材を使うのが良いでしょう。

4つ目は、クロスです。
安価で豊富な種類のデザインがあるビニールクロスは、よく使用される壁材です。
他にも、自然素材を使ったエコクロスも押さえておきましょう
調質の効果があり、新築特有のにおいを抑えられるのが魅力です。

壁材を選ぶ際には、色の数を少なくしてできるだけシンプルにすることが重要です。
壁には窓やカーテン、絵、写真など様々なものを設置する場所なので、多くの種類の壁材や色を使うとごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。

*ドア・引き戸・照明

ドアや引き戸は建具とよばれており、枠に注意して選ぶことが重要です。
スッキリした印象を与えるために、枠が目立ちにくい建具を選ぶのが一般的です。
扉自体を壁紙と同じ白色にして、枠も同時に目立たせなくするのも1つの方法でしょう。
一方、洋風の内装を目指す場合は、枠が目立つ方が建具も目立っておしゃれに見えることもあります。

照明は、天井から光を照らすものだと思われがちですが、様々な照明方法があります。
ここでご紹介したいのが、置き照明を使用することです。
床に置けば、光の重心が低くなるので落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。
また、壁や天井に当てれば、光は反射して陰影が付くようになるので、部屋にメリハリをつけられます。

*コンセント

失敗例が多くあげられるのが、コンセントの数と位置です。
スタンダードな配置は、マネするのではなく参考程度にするのが良いでしょう。
というのも、実際にその家でどのように暮らすかによって、コンセントの必要な数と位置は異なるからです。

そこで、コンセントの位置を決める前に、まず間取り図に家具を置く位置を書き込んでみましょう。
家具が邪魔で使いにくくなる位置は避け、より便利に使える位置にコンセントを配置してください。
家中に偏りがないようにコンセントを配置することが重要です。
掃除機のコンセントを差す時に、どこにコンセントがあれば便利か意識して配置を考えると良いでしょう。

*部屋

日当たりや風通しを良くするためには、部屋数は少ない方が良いです。
風通しが良ければ、湿気がこもりカビが発生するリスクを抑えられます。
また、将来子供が巣立つことを考えると、使わない部屋ができてしまい、掃除や手入れが行き届かなくなる恐れがあります。
そのため部屋数は最小限にし、家具の配置を工夫したりパーテーションを使用したりして、必要に応じて部屋を区切って使うのが良いでしょう。

続いて、部屋の広さについて考えましょう。
他の部屋とのバランスを考える必要があるので、広ければ良いという問題ではありません。
一方の部屋では無駄なスペースが生まれているのに、もう一方の部屋では必要なスペースの確保が難しいといった状態は避けたいでしょう。
また、スペースに余裕があるとしても、広くしすぎると空調の効率が下がったり、見た目が殺風景になったりしてしまいます。

□まとめ

内装を決める際のポイントをご紹介しました。
やはり考えるべきことは多いですが、1つ1つポイントを押さえていけば問題ありません。
この記事をご参考に、理想のマイホームを手に入れましょう。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

くらし方のデザイン、無垢フローリングのメリットとデメリット

くらし方のデザインをちょっと意識する事で、ライフスタイルはとても有意義で楽しくなります。毎日家族と一緒に暮らす家だからこそ、建材にはこだわりたいところです。無垢フローリングを採用する方々が増えてきました。フローリングは利 […]

Homeへ