デザイン住宅をさらにおしゃれにする工夫を紹介します!

デザイン住宅に現在住んでいる方のうち、デザイン住宅におしゃれな工夫をしている方は少ないです。
せっかくならおしゃれな外観や内装を維持し続けたいですよね。
あらかじめデザインのポイントを把握しておくと、家づくりがスムーズになるでしょう。
そこで今回は、デザイン住宅をさらにおしゃれにする工夫を紹介します。

□外観の形状と色選びのポイント

この章ではどんなデザイン住宅を選べば良いかについて紹介します。
既にデザイン住宅を購入された方は次の章からお読みください。

*シンプルなデザインの長所と短所

シンプルなデザインの長所は洗練されたイメージを見た人に与えられる点でしょう。
構造が簡単なので、比較的安価に注文住宅を建てられることも魅力的でしょう。
その反面、面白みや高級感は薄れてしまいます。

*複雑なデザインの長所と短所

複雑なデザインの長所は高級感や個性的な印象を見た人に与えられる点でしょう。
その反面、建築費用は高くつきますし、あまりにも奇抜すぎるデザインにすると、そのデザインに飽きてしまうというリスクもあるので注意が必要です。

*色選びのポイント

色選びのポイントとして、見た人への印象と実質的な効果の2つが挙げられます。
白系統の色は、開放感や清潔感といった明るい色特有の透き通った印象を与えられます。
黒系統の色は落ち着いた印象だけではなく、ともすれば陰湿な印象を与えてしまう可能性もあるでしょう。
実質的な効果の代表例として挙げられるのは、壁の汚れを隠せるか否かです。
白系統の明るい色だと壁の汚れは目立ってしまいますが、黒系統の暗い色であれば壁の汚れは目立ちにくいです。
このようにそれぞれの色には強みと弱みが存在するので、色が与える影響を加味しつつ、自分の好みに合う色を選びましょう。

*天井は高い方がおすすめ

元々は冷房や暖房の効率を上げるための工夫として、シーリングファンがあります。
シーリングファンはデザイン性が高いだけでなく、より部屋に太陽光を取り入れ、屋内の窮屈さを軽減するはたらきがあります。
また、天井にガラス窓を付けたり、吹き抜けの玄関を作ると開放的になるでしょう。
このように少し工夫するだけで快適な環境になり、空間を魅力的に表現できますよ。

□住宅内におしゃれ空間を構築するポイント

この章では、よりおしゃれな住宅にする工夫を紹介します。
主に内装に関する工夫を紹介しますので、既にデザイン住宅を購入された方はこの章からお読みください。

*玄関ドアの工夫

玄関は、周囲から見られており、客人が外観の印象を判断する場所です。
そのため、おしゃれな印象を客人に与えるには、玄関ドアが重要になるでしょう。

ただし、普段使いもする場所なので利便性を重視することも大事です。
よくある失敗例として、玄関ドアのデザインにこだわった結果、ドアが重くなりすぎて開閉にいちいち苦労するという事例があります。

デザイン性だけでなく利便性も同時に意識しましょう。
例えば、和風やモダンのイメージを与えつつも、機能性に優れたウッドタイプのドアがおすすめですよ。
ウッドタイプは「モダン」と「和風」は新鮮なデザインで多くの方から人気があります。

*壁紙の工夫

建築時は白やベージュなどのベーシックな色の壁紙が一般的ですが、更なるおしゃれ住宅を目指すのであれば、壁紙の変更も大切なポイントです。
壁紙の貼り替え自体は素人でも簡単にできるような商品があるので、ぜひ活用してみて下さいね。

壁紙の模様や色を選ぶ際に重要になるのは、「こだわるポイントを予め絞っておくこと」と、壁紙自体の雰囲気だけでなく「家具や電化製品との相性も考慮すること」が挙げられるでしょう。
こだわるポイントを予め絞っておくことで、余計な出費を抑えつつも自分の理想に近いおしゃれ空間を構築できます。
意外と見落としがちですが、家具や電化製品の色合いと壁紙の相性を検討することは、部屋をおしゃれ空間にするポイントです。

*照明の工夫

照明がおしゃれ空間の構築に与える影響はしばしば過小評価されがちです。
照明によって空間の色を変えられますが、実は人間に無意識レベルで行動に影響を及ぼしていることをご存知ですか。
例えば、青系統の色は集中力の向上や睡眠の促進、気持ちを落ち着かせるや食欲を抑えるなどの効果があります。

一方で、赤系統の色はアドレナリンの分泌による興奮を促す効果や食欲の増進、そして関心を集める効果などがあります。
場所ごとに目的に合わせた照明の形態や色を用いることによって、居住者にも配慮された更なるおしゃれ空間を構築できるでしょう。

□まとめ

今回はデザイン住宅をさらにおしゃれにする工夫を紹介しました。
デザイン住宅建築の前後で工夫できることはたくさんあります。
さらなるおしゃれを目指して、今回紹介した工夫のうち実践できそうなものがあれば是非挑戦してみましょう。
デザイン性と機能性を十分に検討した上で、家づくりを成功できるといいですね。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

デザイン住宅、おしゃれにするポイントを伝授します!

念願のマイホームをデザインするとなると、やはり自分に合った好みのデザインで個性を発揮したいものですが、具体的なおしゃれがわからないという方も多いと思います。 本記事では、そういった方のために注文住宅をおしゃれにするポイン […]

デザイン住宅を検討中の方必見!外観と内装のポイントについてご紹介

「デザイン住宅を建てたい。」 「デザイン住宅のポイントって何だろう。」 このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。 多くの方がせっかくデザイン住宅を建てるならしっかりポイントを押さえたいと思います。 そこ […]

デザイン住宅をお考えの方へ、間取りで工夫できることは?

「理想の住宅を建てたい。」 「デザイン住宅の間取りはどうしよう。」 このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。 多くの方が理想の住宅のために間取りはどうしようか悩んでいると思います。 そこで今回は、デザイ […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅でこだわるなら内装!おすすめの内装をご紹介!

デザイン住宅の内装を考える際に自身の生活状況に合わせたり、理想の生活を想像する事が大事です。 設計事務所のHOPESではそういった考えを具現化するだけでなくお客様に寄り添うことで幸せな家づくりの過程も楽しむことを大事にし […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅で気になる耐震性!耐震性を高めるためのポイントとは

通常デザイン住宅は耐震性を意識して作っていないのが多いです。もちろん最初から一流ハウスメーカーに依頼すれば、耐震性を盛り込んだ上で作図してくれますが、デザインとは直接相容れない物なので、自分で考える必要があります。日本は […]

Homeへ