デザイン住宅を検討中の方必見!外観と内装のポイントについてご紹介

「デザイン住宅を建てたい。」
「デザイン住宅のポイントって何だろう。」
このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
多くの方がせっかくデザイン住宅を建てるならしっかりポイントを押さえたいと思います。
そこで今回は、デザイン住宅の外観のポイントなどについてご紹介します。

□外観の種類

家の外観のポイントをご紹介するまえに外観の種類をおおまかにご紹介します。

*和風
和風の家と聞くと、ほとんどの方が同じような外観の家を想像するのではないでしょうか。
屋根のデザインは切妻屋根で、玄関が引き戸といった外観を想像したと思います。
素材に関しても木材や瓦といった自然のものを想像したでしょう。
和風の家はこのように昔から利用されてきた素材の良さを感じられます。
日本の四季それぞれに適した利便性もあるので日本に住むならとてもおすすめです。

*洋風
白色の壁に明るい屋根といったフレンチスタイル、
屋根や壁から飛び出ている窓のアメリカンスタイル、
大きな屋根があるカナディアンスタイルなど
さまざまな国のスタイルによって外観が異なります。
そのため、洋風の家と言ってもいろいろな選択ができます。

*モダン
モダンな家はシャープでシンプルな外観が特徴です。
デザインによっては本当に家なのか疑ってしまうようなものもあります。
かっこいい家を建てたい方におすすめかもしれません。
個性を活かしやすく、無駄がない外観にできるのもモダンの特徴です。
さらにモダンは和モダン、洋モダンというように派生したデザインが存在します。
・和モダン
和モダンは日本の和を感じながらも現代のシャープさを維持したデザインの外観です。
・洋モダン
洋風の印象を維持したままスッキリした現代のアレンジを混ぜ込んだデザインの外観です。

□外観のポイント

デザイン住宅の外観には以下のようなポイントがあるので参考にしてください。

*屋根の形状
屋根の形状は外観の印象に大きく関わってきます。
家のシルエット、軒の有無などが変わってくるからです。
そのため、外観をおしゃれにする上で一番重要と言ってもいいでしょう。
切妻屋根、寄棟屋根、片流れ屋根などさまざまな種類があるので、
理想の外観に近づけるために家に合ったものを選んでください。

*窓やサッシ
窓やサッシのデザインもしっかり押さえておきたいポイントになります。
大きさや位置によって屋根と同じくらい外観の印象が変わります。
サッシを細く見えるようにする、サッシを見えなくする、または素材を変えてみるなど、
ちょっと工夫するだけで雰囲気が大きく変わってくるでしょう。
しかし、外観を重視しすぎると場合によっては使いづらい窓になるかもしれません。
窓やサッシは普段の生活のことも考慮した上で選んでください。

*玄関
玄関は家の顔と言ってもいい部分になります。
来客があったとき、訪ねた人の印象にとても残ります。
そのため、素材や配色、壁とのバランスを考えて選んでください。

*決めるとき
思い描いている外観を業者に伝えようとしても、
言葉では伝えきれない部分が出てきます。
そのため、業者にどのようなイメージを持っているかを伝えるときは
写真などを用いるようにしてください。
言葉よりも簡単にわかりやすく伝えられるでしょう。

外観を重視してより良い素材を使うとどうしてもお金がかかります。
さらに定期的なメンテナンスも考えると費用はとても大きくなるでしょう。
そのため、できるだけ予算内に収めることをおすすめします。
外観と予算のバランスを考慮して選んでください。

□内装のポイント

外観についてご紹介してきましたが、内装についても簡単にご紹介します。

*壁材
内装をこだわる上でとても重要な部分です。
ここでは4つの壁材について簡単にご紹介します。
・クロス
この壁材は費用があまりかからず、扱いやすいというメリットを持ちます。
さまざまなデザインのものがあるので、安くおしゃれに仕上げたい方におすすめです。
・塗壁
これは昔から使われている壁材です。
職人の実力によって仕上がりが異なりますが、質感やデザインを楽しめます。
・無垢材
この壁材は高級感を演出してくれる壁材です。
保湿に優れており、木材の味も楽しめるというメリットがあります。
・タイル
耐久性に優れており、外壁にも使われる壁材です。
耐水性にも優れているので、水をよく使うところにおすすめです。
異なるタイルを自分好みに並べることでオリジナリティを出せるでしょう。
しかし、少し費用がかかります。

*コンセント
コンセントの位置はこれから生活していく上でとても重要になります。
どれだけおしゃれな内装に仕上げても、コンセントが少ない、場所が悪いなど
問題が住み始めてからわかる場合があります。
このような状況にならないようには、まず間取りから考えてください。
どこにテレビを配置するのか、掃除機をつなげたとき掃除しにくくないかなどを
考えると理想のコンセントの位置が見えてくるはずです。

□まとめ

ここまでデザイン住宅の外観のポイントなどについてご紹介してきました。
外観のポイントだけでなく、内装のポイントについても知っていただけたでしょうか。
理想の家を現実にするためにも、細部までしっかりこだわって選んでください。
きっと今後ずっと住んでいきたい家が完成するでしょう。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

デザイン住宅をお考えの方へ、間取りで工夫できることは?

「理想の住宅を建てたい。」 「デザイン住宅の間取りはどうしよう。」 このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。 多くの方が理想の住宅のために間取りはどうしようか悩んでいると思います。 そこで今回は、デザイ […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅でこだわるなら内装!おすすめの内装をご紹介!

デザイン住宅の内装を考える際に自身の生活状況に合わせたり、理想の生活を想像する事が大事です。 設計事務所のHOPESではそういった考えを具現化するだけでなくお客様に寄り添うことで幸せな家づくりの過程も楽しむことを大事にし […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅で気になる耐震性!耐震性を高めるためのポイントとは

通常デザイン住宅は耐震性を意識して作っていないのが多いです。もちろん最初から一流ハウスメーカーに依頼すれば、耐震性を盛り込んだ上で作図してくれますが、デザインとは直接相容れない物なので、自分で考える必要があります。日本は […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅を検討中の方必見!おしゃれで快適な家づくりのポイントとは?

「おしゃれなデザイン住宅に住みたい!」 「自分好みに家をカスタマイズしたい!」 新しく家を購入しようとお考えの方は、どうせ住むならおしゃれな家に住みたいと思うはずです。 でもデザイン住宅が初めての方はどのようにカスタマイ […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅検討中の方必見!無垢フローリングのメリット・デメリットとは?

「デザイン住宅を建てようと考えているけど、どんなフローリングにしようか迷っている。」 「無垢フローリングについて詳しく知りたい!」 デザイン住宅を検討している方で、フローリングをどれにしようか迷われている方はいらっしゃい […]

Homeへ