戸建て住宅を建てようとするタイミングには、結婚や出産があげられますが、その他に年齢的なタイミングもあります。30代後半から40代にかけての年齢は、仕事もプライベートも充実し、忙しい毎日を送っている時期です。しかし、それと同時に老後のことが気になり始める年齢でもあります。特に結婚はせず、一生一人で生きていくという主義の人や、チャンスがあれば結婚したいが、具体的な予定はないという人にとって、今後の人生は、子育てのない完全に自分一人のものです。

「月々支払っているマンションの家賃をこのまま払い続けても、終の棲家にはならない」

「一生自分の家ではない場所に家賃を払い続けられるのだろうか‥?」

という不安な思いがあるかもしれません。都心部での家賃は、区によってかなり違いますが、全体的に非常に高額です。IK~IDKのマンションの場合、港区の相場は約13万円、渋谷区では約12万円、駅で考えると恵比寿駅を利用する地区は14万円弱、中目黒駅を利用する地区は12万円弱という価格です。家賃の4倍は収入がないとゆとりのある生活はできないと言われる中、いつまでも自分の所有物にはならない住居に、それだけの家賃を払い続けるのはとても大変です。

「定年時の退職金で家を建てたとしたら、その後何年そこで生きるのだろう…?」

「同じ住居費に費用をかけるなら、自分の理想の住まいに対して住居費を使いたい」

月々支払っている家賃は、払っている期間だけに対する見返りであって、何の蓄積にもならない上に、自分の好みに合わせて作られた家ではないことに対する不満もあるでしょう。そんな時に、多くの人は、戸建て住宅やマンションの購入を考え始めます。

「考えたこともあったけれど、なんとなく考えるだけで終わってしまった。結局はまだ賃貸に住んでいて、時々不安になる」

「退職金でマンションを購入する予定だけれど、それならもっと早く購入しておけば、長く新しいマンションで暮らせたのに…」

戸建て住宅やマンションの購入を考え始める人がいるのと同時に、50代、60代になってそんな風に思っている人も少なくありません。決心するなら、人生が充実し、活気に満ちている30代後半から40代にかけての年齢が最適な年齢です。

Works(株)ホープスの建築実例

戸建ての家を選ぶ理由、マンションを選ぶ理由

1人暮らしでバリバリ働いている人にとって、最も大切なことは利便性です。子育て中の家族であれば、多少働き手の通勤時間が伸びたとしても、広々とした郊外の戸建てを選ぶかもしれません。しかし、1人暮らしであれば、それほど大きな家は必要ありません。そうなれば、利便性の良い都心部での住居探しが主眼となるでしょう。

マンションを選ぶ理由としては、利便性が一番ですが、それに加えて、上層階が購入できれば眺めがきれい、鉄筋なので耐震性が高い、セキュリテイが安心、宅配ボックスがあり便利などがあげられます。一方、戸建て住宅では、広さや間取りの自由さが好まれる理由です。マンションではすでに間取りが決められていますが、注文住宅では好みに合わせた間取りにできるからです。

また、利便性の良い場所で探すと、戸建て住宅より、マンションの方が物件数が多い為、探しやすいという面があります。ところがここ数年、都内のマンションの価格は高騰し続けています。特に東京オリンピックまでは、上がり続けるだろうとも言われています。中古のマンションであっても、区によっては購入時より高額で売却できるケースもあるほどです。また、マンションに住んだ場合、住宅ローンの他に管理費、修繕積立金も支払わなくてはなりません。

そこで注目したい住居が狭小住宅です。狭小住宅とは狭小敷地に建てる10坪から15坪の住宅のことです。10坪以下の家も不可能ではありません。もし10坪以下の家に、大人数の家族で住むのであれば、様々な設計上の工夫が必要です。しかし、1人暮らしであれば、余裕のある間取りの家が実現します。また、構法を選べば、鉄骨のマンションに引けを取らないほどの耐震性を備えた家にもできます。

Works(株)ホープスの建築実例

一人暮らしがしやすい戸建て住宅の間取り

一般的な戸建ては、30坪前後です。しかし、1人暮らしであれば、30坪もの家は必要ありません。国土交通省が定めている誘導型居住面積の水準は、単身者の場合55㎡(約16坪~17坪)、最低居住面積水準は25㎡です。誘導型居住面積とは、世帯人数に応じて、豊かな住生活の実現の前提として、多様なライフスタイルを想定した場合に必要と考えられる住宅の面積に関する水準のことです。最低居住面積水準とは、世帯人数に応じて、健康で文化的な住生活の基本とし必要不可欠な住宅 面積に関する水準です。

どのようなライフスタイルの人であっても快適な暮らしが出来る床面積を表している誘導型居住面積の数字を見れば、2階建ての家であれば、10坪以下の建坪で十分な居住面積が確保できるということです。では、その面積の中でどのような間取りにすることが一人暮らしがしやすい家を実現するのでしょうか?

賃貸住宅を選ぶ際には、ここ数年のライフスタイルを基に、最適な間取りを選びますが、戸建て住宅の間取りを考える場合には、現在だけではなく、ライフスタイルの変化も考えに入れることが大切です。

例えば、今は仕事が忙しく、ほとんど外食だから簡易キッチンで十分であっても、いつまでのその生活が続くわけではありません。自分で食事を作る時が来るかもしれません。帰宅時間が遅くシャワーだけで済ませることがほとんどなので、最低限の広さの浴室で十分であっても、ゆったりと入浴したい日が訪れるかもしれません。

したがって、キッチン、浴室、トイレは充分な広さを確保するべきです。1人暮らしの場合、1LDKで十分なので、生活の質を左右する水回りにゆとりを持たせられます。例えば、洗面所と脱衣所を別にして、ゆったり着替えができるようにする、キッチンは独立させて、リビングにお客様があった時にも生活感が出ないようにするなど、生活を楽しみながら、生活感が出ないような間取りが理想的です。

それと同時に、狭小住宅の場合は、郊外の戸建て住宅とは違い、周辺を他の住宅やマンションに囲まれている為に発生することも、間取りプランを作る際には考慮しなくてはなりません。周辺の状況によっては、日当たりと風通しが悪い、隣家や道路からの視線でプライバシーを確保しにくい、道路や周囲の家からの騒音や生活音がうるさいというような問題が起こりやすいからです。間取りプランを作る際には、それらの問題が暮らしを圧迫しないような間取りにすることが大切です。

生活感を出さない為には、収納も大切です。収納は玄関と寝室に大型のウォークインクローゼットを設置すると、靴や傘、コートなどを玄関のクローゼットに、季節の衣服を寝室にまとめて収納できます。

Works(株)ホープスの建築実例

一人暮らしの狭小住宅でこだわりたいポイント

戸建て住宅には、快適な暮らしが出来る間取りや、居心地の良い内装、家を見る度に嬉しくなるような外観など、こだわりたい部分はたくさんあります。そしてその中で、考えておきたいこだわりポイント一つが、家の資産価値です。都内の土地に建つ家なので、資産価値が下がりにくいという強みはありますが、住宅の性能を高くしておくと、さらに資産価値が高まります。資産価値の高い家は、有利な条件で、買い替え、住み替えができます。

例えば、結婚することになった、父親が亡くなり母親と暮らすことになったなど、一緒に暮らす人ができた場合、1人暮らし用の家では手狭になり、買い替えを検討する時が来るかもしれません。そのような時、資産価値の高い住宅であれば、経済的な負担を出さずに買い替えや住み替えができます。

1人暮らしで注文住宅を建てるということはとても勇気のいることです。でも、何となく不安を感じながら賃貸住宅に家賃を払い続けているのであれば、一度じっくり考えてみることも必要なのではないでしょうか?反対に考えれば、家を建てることが、働き盛りのうちに終の棲家の確保に向けて動き始めているという安心感につながります。また、決断が遅ければ遅いほど、住宅ローンを払い終る時期が遅くなってしまいます。

HOPEsの狭小住宅への思い

ホープスは、狭小住宅での快適な暮らしを実現させたいという思いで、すべての住宅の建築に向き合っています。
根本にあるのは、狭小住宅での快適さとは、無駄を省いたシンプルな暮らしにあるのではないかという考え方です。

敷地の形、道路や周辺の環境に合わせて、日当たりと風通しの良い家、プライバシーを確保できる家、高いインテリア性と優れた住宅性能を持つ暮らしやすい家、安心して暮らせる防犯性の高い家をご提案します。

狭いから快適さをあきらめるのではなく、より快適な暮らしを目指して、施主様のご希望に沿った家にしていきます。

狭小住宅としての参考になる建築実例がたくさんございます。ぜひご覧ください。

Works(株)ホープスの建築実例

Follow me!

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

なぜ狭小住宅? 狭い家が好き

アメリカ映画などを観ていると、広いリビングの中央にある階段の上の廊下には、たくさんの部屋が並んでいる邸宅がよく出てきます。その為なのか、広い家=豊かな生活と思い込んでしまいがちです。でも、本当にそうでしょうか?狭い家=豊 […]

狭小住宅を東京に建てるポイント

都内で働いている人にとって、東京での暮らしは魅力的です。何よりも通勤時間を減らせるので、毎日の生活にゆとりが持てます。また、子供の教育にとっても、公立中高一貫教育校や、有名な習い事の教室が多いので、学校や習い事の選択肢が […]

狭小住宅の家づくり 後悔しない家を建てたい

親から譲りうけた土地があるというような幸運がない限り、家を建てる為には土地が必要です。都心部では、土地の価格が高額なので、狭小敷地を選ぶ人が少なくありません。そして狭小敷地の中には、変形地もあります。狭小敷地の中でも、変 […]

狭小住宅とは?

                        自分の家を持つ為には、主に2種類の選択肢があります。 […]

狭小住宅の間取りプラン 狭いキッチンのレアウトと収納

間取りを考える時、リビングはできるだけ広くしたいと考える人は多くいます。その結果、狭いキッチンになり、使いにくくなってしまうことがあります。 狭いキッチンになっても、使い勝手の良いキッチンにすること、使いやすいキッチンを […]

Homeへ