配筋検査


捨てコンクリートを打ったのちの配筋工事が完了し、配筋検査を行いました。配筋の高さ、ピッチ(設置間隔)、SE金物(ボルト)の位置などを測定して確認していきます。すべて間違いなく配置されており、耐圧版コンクリートの打設に向けて準備万端です!

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ