立上り型枠、レベラー


今日は昨日に引き続き立ち上がりの型枠を組んだ後
コンクリート打設工事を行ないました。
更にSE構法で重要となる基礎の立ち上がりの高さの
レベルチェックを行いレベラー材を流し込みました。
レベラー材はコンクリートの天端レベルを均一にする
働きがあります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ