捨CON後アンカーベース設置

捨てコンクリート打設も完了し、通り芯墨出しを行いSE柱脚

ボルト用のベースプレートの据付を実施いたしました。

ここで据付ポイントがづれてしまうと全ての辻褄が合わなく

なってしまいますので、ここはSE構法の最初の工程にして

一番重要な部分と言っても過言ではないところです。

基礎屋さんと共に「墨出→確認・据付・確認」と念入りに行いました。

バッチリです!

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ