下地工事が進行しています。


内装工事の下地として使われる材料にはおもに、
①木材、②コンクリート、③鉄、④アルミ、⑤石膏などがあげられます。
またそれらの固定の方法はおもに、
①釘打ち、②ビスどめ、③ボルトどめ、④溶接どめ、⑤接着などがあります。
現場では、それぞれの材料の素性を十分に考慮し、適正な方法でに組み
あげてゆきます。(工事 / 遠藤弘久)

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ