注文住宅について興味がある方に向けて内装を決めるポイントを解説します!

これから注文住宅を建てようとお考えで、内装についてお悩みの方は多いでしょう。
人生でそう何度もないお買い物なので、とことんこだわり、絶対に失敗は避けたいですよね。
そこで今回は、注文住宅の内装の決め方をご紹介します。
内装決めの打ち合わせのコツなども併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□内装の決め方とは?

ここでは、内装の決め方をご紹介します。

1つ目は、テイストを決めることです。
ナチュラルテイストやモダンテイスト、アメリカンテイスト、西海岸風といったさまざまなテイストがあります。
統一感のある住まいを実現させるためには、インターネットや雑誌などを活用して好みのインテリアを見つけ、それに合わせて内装材や設備を決めていくと良いでしょう。
家具や家電を購入する時にも内装のテイストが決まっていれば、部屋のテイストに合うアイテムを見つけられるでしょう。

2つ目は、使用する色を3色以内に収めることです。
1色のみだと物足りない印象になり、4色以上になるとまとまりのない印象になってしまいます。
そのため、意識してベースカラー、メインカラー、アクセントカラーをバランス良く使ってこだわりの内装を実現しましょう。

ベースカラーとは、部屋全体の7割程度を占める色のことで、部屋の印象を大きく左右する色です。
次にメインカラーとは、インテリアの主役になる色で、部屋全体の2〜3割を占める色味のことです。
最後にアクセントカラーとは、インテリアのポイントになるような引き締め役の色味で、部屋全体の5%程度を占めます。

3つ目は、部屋全体のイメージを統一することです。
例えば優しい色味の壁紙には、柔らかな雰囲気のある丸みのある窓やドアがよく似合います。
反対にシャープな印象が強いステンレスキッチンを選ぶのであればモノトーンなどの無機質な色味がマッチするでしょう。
このようにイメージの統一を行うことで、素材や色が異なる場合でも室内の調和が取りやすくなります。

□内装で失敗しないために!打ち合わせでのコツをご紹介!

1つ目は、ショールーム訪問などの時間を確保することです。
内装打ち合わせ自体の時間は人によって大きく左右しますが、十数時間が一般的でしょう。
しかし、サンプルが置いていない場合などはショールームに訪問するしかないので、別で時間を確保する必要があります。
内装打ち合わせ期間中は臨機応変にショールーム訪問などができるように、スケジュールを開けておく必要があるでしょう。

2つ目は、打ち合わせの前に夫婦の意見をまとめておくことです。
内装の打ち合わせをする際にはその場で次から次へと決めるべきことが出てきます。
そのため、次回の内装打ち合わせで何を決めるのかという「項目」を確認しておき、事前に夫婦で意見をまとめておきましょう。
まずは家で夫婦会議をしておき、そこで決まった方向性を打ち合わせの場でインテリアコーディネーターに伝え、さらにアドバイスをもらって最終決定していく、という流れが一番スムーズにいきます。

□内装を考える上で押さえておきたいポイントをご紹介!

ここからは、内装を考える上で押さえておきたいポイントを6つご紹介します。

*失敗事例から学ぶ内装計画

まず、マイホームを建てる際に失敗しがちなこととして、コンセントの数不足や位置のミスが挙げられます。
最初に今使っている家電の数を把握し、どこで何を使うかを書き起こしてみましょう。
そして、間取り図を見ながらその家電はどこで使うのかをイメージして、間取り図に記入していくと失敗を防げます。
また、位置にも気をつかってみると快適な生活を送ることに一歩近づけるでしょう。

次に、クローゼットの間口が狭いこともよくある失敗として挙げられます。
せっかく広めスペースを確保したウォークインクローゼットでも、間口が狭くて荷物が入らないといった状況に陥ると困りますよね。
設計の段階で収納したいものを把握し、あらかじめそれらの横幅を測っておきましょう。

最後に壁の色がサンプルとはイメージが異なることも押さえておきましょう。
サンプルの色よりも面積の広い壁のほうが明るい色は明るく、暗い色は暗く見えます。
照明のあたり具合によっても変わりますので、変わった色の壁にする場合は注意しましょう。

*注文住宅の内装は壁紙にもこだわろう!

1つ目は、クロスです。
クロスは工期が短く、扱いやすいのが魅力です。
色々な模様や柄のデザインがあるので、おしゃれな壁にしたい方におすすめです。

2つ目は、塗り壁です。
塗り壁は日本で昔から使用されている壁材です。
仕上がりは職人の腕に左右されるところはあるものの、素材の質感を楽しめて塗り方によってはデザインも楽しめるでしょう。

3つ目は、無垢材です。
木材を碧材として採用する住まいも多くありますが、部屋に高級感を演出するのであれば無垢材がおすすめです。
調湿作用があり、温もりのある風合いも魅力です。

4つ目は、壁タイルです。
壁タイルは耐久性が高く、内装のみならず外壁にも使われています。
耐水性もあるので水回りに適しています。
デザインの違うタイルを壁に並べて、オリジナルデザインを楽しむのも良いでしょう。

*内装で使いたい床材!

1つ目は、無垢フローリングです。
自然派住宅に多く取り入れられています。
調湿性、保湿性に優れており肌触りが優しいのが特徴です。

2つ目は、複合フローリングです。
重ねた合板の上に化粧シートを貼った床材です。
お子さんが飲み物をこぼした際も簡単に拭き取れるのが魅力として挙げられます。

3つ目は、クッションフロアです。
塩化ビニールにクッション材が入っている床材で、クッション性があるので足腰に優しく小さなお子さんや高齢者のいる住宅で採用されることが多いです。
また、耐水性にも優れているので、トイレや洗面所などで活用することもおすすめです。

4つ目は、コルクタイルです。
おしゃれさを追求した住まいを希望するのであれば、コルクタイルがおすすめです。
耐久性、耐水性、防炎性に優れており、キッチンや洗面所に適しています。

□おしゃれで暮らしやすい内装アイデア!

ここからは、おしゃれで暮らしやすい内装アイデアを2つご紹介します。

1つ目は、異素材を組み合わせた内装です
あえて異素材同士を組み合わせるとおしゃれな印象になります。
例えば、基本的にはきの床材を採用して、一部分に異素材のタイルを貼ることも1つのアイデアです。

さらに、植物を配置することで、室内に中庭のような空間も設けられます。
ただし、異素材を採用する場合には、住まい全体のバランスを意識しながら計画を立てましょう。

2つ目は、段差を活かす内装です。
段差を活用すると、空間にメリハリをつけられます。
スペースに限られていても仕切りやすくなり、空間の有効活用ができます。

例えば、趣味の場所やペット用のスペースなどを設けたい場合でも、段差を活用すると自然な区切りができるのでおすすめです。
生活動線にも配慮しながら段差をうまく活用しましょう。
ただし、このアイデアはバリアフリーの住まいにはあまり向かないのでその点は注意が必要です。

□まとめ

今回の記事では、注文住宅をお考えの方に向けて、内装の決め方や打ち合わせのコツ、内装決めにおけるアイデアをご紹介しました。
ぜひ本記事を参考に納得のいく住まいを実現してくださいね。
注文住宅に関するお悩みがある際は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

 

HOPEsコラム 一覧へ

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

関連記事

おしゃれな注文住宅にするためには?押さえておくべきポイントを解説します!

皆さんは、おしゃれな注文住宅にするために意識すべきことをご存知でしょうか。 デザイン性や機能性を考慮した、おしゃれな住宅に住むためには気をつけるポイントがいくつかあります。 そこで今回は、注文住宅をお考えの方におしゃれな […]

注文住宅でお悩みの方必見!外観の決め方についてご紹介します!

「注文住宅で外観の決め方がわからない」 「注文住宅で外観を決める際にはどんなことに注意すべきなんだろう」 このように注文住宅をお考えで外観に関して悩まれている方は多いでしょう。 そこで今回は、注文住宅の外観の決め方を解説 […]

これから注文住宅を建てる方に向けて費用の内訳を解説します!

「注文住宅の費用の内訳について知りたい。」 注文住宅をお考えでこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。 そこで今回は、注文住宅の費用の内訳、諸費用の内訳について、また、住宅ローンの内訳さらに住宅ローンの費用を抑える具 […]

注文住宅をお考えの方に向けて屋根について詳しくご紹介します!

「注文住宅を検討しているが、どの屋根を選べば良いのかわからない」 「屋根材について、それぞれの特徴がわからない」 このような悩みを持っている方も多いでしょう。 理想のマイホームを実現するためにはどの屋根を選ぶかが非常に重 […]

注文住宅の後悔ポイントをご紹介!注文住宅をお考えの方は必見です!

注文住宅をお考えの方で、家づくりに不安を持っている方はいませんか。 せっかくのマイホームですから、絶対に失敗したくないですよね。 そこで今回は注文住宅でよくある後悔ポイントを紹介します。 注文住宅の場所別の後悔ポイントと […]

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ