逗子K邸改修工事(2013.6竣工)

130601

御引渡

御引き渡しとなりました。 逗子・鎌倉の街ににどっぷりと浸かった濃密な半年間でした(笑)もちろん、現場メインで観光してる暇が残念でしたが、とても環境の良いところですね。 是非時間がある時に家族で観光に行きたいと思っております。

最後に外観の写真ですが、個人的で恐縮ですがとても私好みの下見板仕様の仕上がりとなっております。施主・設計者のこだわりを盛り込んだデザイン性の高い住まいに仕上がっているかと思います。
130601

ラウンジ完成

素敵なラウンジが完成しました。壁はR造作壁に西洋しっくい、床は輸入絨毯敷設でとても落ち着く空間となっております。

ラウンジと隣のスタディー含め建物全体の空間はとても羨ましいですね。
130601

キッチン完成

完成いたしました。 フルオーダーのシステムキッチンです。カウンターから扉にかけてはステンレスPHL加工板を貼り合わせております。
130502

外部仕上状況

連休前に天気も回復し良かったですね。現場も天気に恵まれ良かったです。 内外部共仕上工事を行っております。外部は9割方完了しております。外壁はカラーセメント系の仕上材で木摺仕上となっております。ブラック系ではあるのですが、トーンは低めで暗さは感じられずにシックな感じに仕上がりました。内部も家具・しっくい・石・カーペットetc、、、と見所豊富ですので随時UPしていきます。
130526

塗装下地処理(内部)

内装工事に取り掛かっております。 塗装下地のパテ処理を念入りに行っております。塗装にしても壁紙にしても下地処理の丁寧さによって仕上がり具合が変わってきますのでとても重要な作業です。
130412

外壁 ラスモルタル

先週までとは一転今週は小春日和が続き心地が良いですね。 現場では外装のラスモルタル下地を施工しました。乾燥養生期間を経て化粧モルタルの仕上げ塗りとなります。また、玄関周りの一部は木製サイディング貼り&木製玄関ドアとなっておりそちらもとても良い雰囲気ですのでまた後日UP致します。 内外共に建物も徐々にお化粧が施されて仕上がっていきますね。
130406

通気胴縁

しかし、最近は天気が不安定で現場としては困りますね。花粉込みで風は強いわ雨は降るわ、、、で梅雨時よりもたちが悪いですね。小春日和ですと清々しくてとても心地好い季節なのですが、さて現場は雨風関係なく進んでおります。貴重な晴れ間をみて外部の胴縁取付を行ないました。開口部廻り含めてキッチリと施工されていますので見た目にもキレイに仕上がっており満足です。
130401

断熱材充填・間仕切下地 状況
内部の下地状況もだいぶ進んでまいりました。断熱材が充填されてさらに建物感が増しましたね(笑)これから各所枠や階段などの無垢造作工事を経てボード貼りへと移行していきます。
130325

R壁造作

ラウンジスペースのR壁造作の下地状況です。 R壁は納め方がなかなかシビアでして、壁をおこすには通常のベニヤやボードでは曲がりが利きませんので、専用の曲がりベニヤ等を用いて造作します。また、墨出しの際にも曲がりベニヤに寸法を罫書き型を作成の上下地組みとなりますので大変な作業ですね。個人的にはこの様に仕上前の見えない部分の納め方こそ最も重要だと思ってますので、キッチリと段階を追って丁寧に納めてもらえるととても安心感がありますね。まさに大工さんの腕が光ります。
130315

外壁下地組状況

外周部の間柱建てからラーチ貼りを行い、現在サッシ取付も完了しました。 外周部は来週から外壁の透湿防水シート貼りを予定しており、紙貼り完了シーリング後に社内止水検査を経て「胴縁→外壁モルタル→養生→外壁仕上」の流れで進めて行きたいと思います。
130309

床根太組み

1階の床は大引後に防蟻剤散布を行い根太組みを行いました。根太間に床用断熱材を敷き込み床捨貼りに移行していきます。 これで改修であっても防蟻対策は万全です。
130302

屋根下葺

新築同様屋根に新規にてアスファルトルーフィング敷きをおこないました。海が近いのでとても風が強い為飛ばされないようルーフィング留めピッチは多めにしました。徐々にではありますが、家の枠組みが出来上がってきてますので納まり上のイメージなどもハッキリと見えてきました。大工さん中心に完成に向けて頑張ります。
130221

木工事着手

本体工事案も固まり準備期間を経て本体工事の着手となりました。今週より大工さんにて屋根の下地工事を中心に進めています。 取っ掛かりの週前半は雪の予報でまた大雪で積もらないか心配してましたが、積もる程降らずに本当に助かりました。これから大工さんをメインに下地工事から仕上工事へと進めてまいります。
2013/01/11

軸組補強完了
軸組補強完了

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

引き続き補強工事を行っておりますが、サビ止め塗料を残し完了となりました。

構造計算を基に実施しておりますので、根拠的にも見た目にも頑丈に

仕上がりました。基礎・軸組みはこれで安心ですね。
2012/12/28

構造軸組補強検査
構造軸組補強検査

本日は構造設計者ならびに意匠設計者による軸組補強の

現場検査を実施致しました。

概ね良好のお墨付きを頂き、補強の大部分は完了となりました。

年明けに型枠取外・整地から既存鉄骨部分の錆止塗料に移行します。

今年1年ホームページをご覧頂き有難うございました。

来年も良い情報を提供出来る様努めてまいりますので

引き続きご覧頂ければ幸いです。

皆様にとって良いお正月を!!
2012/12/26

鉄骨補強
鉄骨補強

鉄骨部の補強工事に取り掛かっております。

構造計算及び補強要領を基に腐食の著しい箇所や柱の差し替え箇所等の

補強を行っています。

新設と異なり、場所場所によりレベルや建ちが微妙に違いがある為

ジャッキUP等で建調整の上細部の納めは現場にて加工取付けとなります。

なかなか一筋縄ではいかないのが改修工事の大変なところです。
2012/12/25

基礎補強完了
基礎補強完了

基礎部分が完了しました。

既存基礎内側に新設基礎を抱かせての補強となっております。

また、柱交換部の基礎周りは既存基礎の劣化・損傷を考慮し

解体の上新設としております。見た目にも、効力的にも安心のもてる

補強となりました。
2012/10/11

解体完了
解体完了

フルスケルトン解体完了状況です。

築40年経っており、柱脚の根元等は腐食が進み劣化が著しかったです。

これより構造設計者による現場確認・調査の後、構造計算を基に構造補強が

決定です。予想以上に強固な補強が必要かと思われます。
2012/09/14

現調(解体前)
現調(解体前)

軽量鉄骨の戸建住宅改修工事現場の現調です。

築40年強の住宅です。

解体してみないことにはどの程度の補強を要するかは分かりませんが、

いよいよ解体着手となります。

お問合せ

(株)ホープスのギャラリーは、東京都世田谷区にあります。「プレミアムな狭小住宅・デザイン住宅」のご提供を通して、「夢と希望を持つすべてのお客様に、豊かで活力ある暮らしを。そして感動を。」お届けいたします。相談希望の方や資料請求希望の方は、お気軽にメッセージをお送り下さい。

後日担当よりご連絡の上、ご要望にお答えしてゆきます。 よろしくお願い致します。
Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

最近増えてます、狭小住宅に住むという考え方。ロフトを有効活用

皆さんこんにちは。 「両親がもともと住んでいた土地に家を建てる」 「でも狭小地だから広い空間は無理そう」 そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか? このようなお悩みはかなり多くなってきています。 実はこれ、「ロフ […]

news

カスタマーズブログが更新されました! カスタマーズブログのお客様のインタビューが更新されました! 今回のお客様はなんと構造設計のプロです プロはどんなお家を建てたのでしょうか ■「大きな窓から光が差し込む、自然の力を生か […]

news

カスタマーズブログが更新されました! カスタマーズブログのお客様のインタビューが更新されました! 今回のお客様はなんと構造設計のプロです プロはどんなお家を建てたのでしょうか ■「大きな窓から光が差し込む、自然の力を生か […]

news

カスタマーズブログが更新されました! カスタマーズブログのお客様のインタビューが更新されました! 今回のお客様はなんと構造設計のプロです プロはどんなお家を建てたのでしょうか ■「大きな窓から光が差し込む、自然の力を生か […]

news

カスタマーズブログが更新されました! カスタマーズブログのお客様のインタビューが更新されました! 今回のお客様はなんと構造設計のプロです プロはどんなお家を建てたのでしょうか ■「大きな窓から光が差し込む、自然の力を生か […]

Homeへ