見晴らし台に建つ、プロとプロがつくる長期優良住宅(工事中)

断熱検査

お施主様による断熱検査を実施致しました。

お施主様も建築関連のお仕事に従事されている為、お時間を頂戴しご確認頂きました。

もちろん弊社のスタッフによる確認は実施していますが、

時には違う形でのチェックも新しい刺激として必要ですね。

引き込み戸

今週は引き込み戸を施工しています。
引き込み戸は見た目スッキリするだけでなく、
レールやガイドが壁内に納まるためメンテナンス性も高く
メリットが多いですね。

小上り下地

小上りの下地です。
床下収納と押入れが付いて機能性も申し分ないですね。
仕上がりが楽しみです。

吹付断熱

断熱工事が完了しました。
防火認定を取得する為、外壁面はグラスウールを使用しております。
天井の下地も組まれいよいよ天井高さのイメージがつきやすくなってきました。

構造検査

構造検査を実施しました。

構造に係わる金物、柱、梁、耐力壁の適正な施工の確認を行います。

写真は耐力壁の釘感覚を検査しているところになります。

 

建方

いよいよ建方です。
天気は晴れです。
暑すぎるくらいですね。
プレカットの柱、梁がどんどんと組みあがる様子は
見ごたえがあります。

基礎工事完了

基礎工事が完了しました。

全景で見るとかなりシンプルな形状ですね。

来週には建方を控えております。

どんな形のおうちになるのでしょうか?

 

基礎工事終盤

いよいよ立上りコンクリートも打設し、
残すところ養生、脱型となりました。
基礎工事期間は3週間程度と以外と短いですが、
アンカーボルト配置のチェック、配筋検査などイベントごとが
盛りだくさんです。
上棟まで残すところ1週間半くらいです。
どんなお家が建つのかワクワクしますね。

基礎配筋、配筋検査

今週は基礎配筋を行っています。
鉄筋同士の距離は図面にて決められており、大体10センチ~20センチです。
それぞれの鉄筋が交差したり、角部分は曲げた鉄筋を結ぶことで
お家の形を造るのことができます。

 

着工

今週より新規レポート書いていきます。

着工しました。
見晴らしがいいです。
都内の住宅地で見晴らしが良いのはなかなか珍しいのではないでしょうか。
立地に負けない素晴らしい物件になるようがんばっていきたいと思います。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ