ゼロ・エネルギー・パッシブ・ハウス

祝 お引渡し


無事にすべての工事を終え、お引渡しの日を迎えることができました。
様々なところにこだわり、何度も打合せをしたおうちづくりも本日で完結です。
これからお施主様ご家族がどんな暮らしをされるのかがとても楽しみです
お施主様にとって居心地のいい住まいとなれば幸いです。
おめでとうございます

塗装


本日の工事状況です
階段が塗装されていました
弊社では木製の階段の場合、フローリングに合わせた色にします
こちらのお家のフローリングはアカシアなので階段は少し濃い目の茶色です
少し色が変わっただけで階段の存在感が増していました
少しの違いでものを際立出せることも目立たなくすることもできてしまいます
色って面白いですね

室内建具


本日の現場状況です
室内建具が取り付けてありました
写真は納戸に取り付けられたアウトセットの引戸です
アウトセットとは壁の外側に取り付けるタイプのことで、
リフォームなどでよく使われるタイプとなっています
引戸といってもいくつか種類があるんですね
見え方なども違ってくるので空間によって使い分けてみてはいかがでしょうか

木造作2


本日の内部状況です
大工さんの家具造作パート2です なんとキッチンにも造作棚がありました
通常キッチン上の収納はキッチンとセットになっている吊棚を使用することが多いです
しかし、今回は木で作りました!ここもお客様のこだわりポイントです
どんな食器が並ぶのか楽しみですね

木造作1


本日の現場状況です
大工さんが作り付けの棚などの造作作業をおこなっていました
吹抜けの横にある腰髙の棚も大工さんの手作りです
どんなスペースでもジャストサイズの収納や家具があるのも 新築ならではですよね
工事は着々と進んでます!

フローリング


本日の現場状況です
現場は内部の工事まで進んでいます
大工さんが丁寧にフローリングを貼っていました
フローリングは無垢材のものを使っています
無垢材なので色が均一ではありませんが、それも味があっていいですね

竪樋設置


本日の現場状況です
雨樋(竪樋)が設置されていました
あまり目立たないように少し隠れた位置に取り付けられているのがわかります
こういった小さなところもひとつひとつお施主様と設計者でこだわって作り上げていきます

透湿防水シート


本日の現場状況です
外壁に透湿防水シートが貼られていました
透湿防水シートとは名前の通り透水性と防水性を兼ね備えたものです
つまり、湿気は通しても水は通さないシートなのです
湿気を通すので、結露などを防ぐ役割も担っています

屋根下葺


本日の現場状況です
屋根にアスファルトルーフィングが下葺されていました
アスファルトルーフィングは雨漏れなどを防ぐための大切な防水機能を持ったものです
もし、屋根のガルバリウム鋼板が破損しても中に水が入ってくるのを防いでくれます
まさに、縁の下の力持ちですね

基礎断熱


本日の現場状況です
基礎に断熱材が吹き付けられていました
弊社は通常か床下断熱だけなのですが、今回は床下エアコンを取り入れているため基礎も断熱しています
床下エアコンは温水床暖房と同様に床自体を温めるだけではなく、
通常のエアコンと同様にお部屋の中の空気も温めることができるんです

建て方


大工さんが建て方を行っていました
天気も良く、無事屋根まで組み上げることができました
年末年始はお休みをいただきますが、来年も気を抜かず取り組んでいきます
どうぞよろしくお願いいたします。

基礎完成


ついに基礎が完成しました!
全ての型枠が外されてきれいな基礎が出来ていました
この基礎がしっかりとお家を支えてくれます

基礎工事


基礎の立ち上がり部分に型枠が取り付けてありました
この型枠の中にコンクリートを打設し、型枠が外れると基礎の完成です
基礎工事はゆっくり進んでいくように感じますが 一番下で家を支える大切な部分です
時間をかけてしっかりとしたものをつくっていきます

基礎工事


いよいよ今週から現場がスタートしました!
本日は根伐が行われていました
根伐は基礎工事の最初の段階です
この状態でも基礎の形状がなんとなくわかります
これからどんどん寒くなっていきますが、寒さに負けず現場は頑張っております

地鎮祭


ぱらぱらと小雨が降る中、地鎮祭が執り行われました
お施主様、お施主様のご両親、弊社代表、設計担当者、施工担当者全員で参列しました
この後、様々な申請と着工に向けた最終準備を経て工事が始まります 建物の繁栄と工事の安全を祈り、関係者一同気を引き締めてまいります

施工検討会


本日から現場レポートがはじまりました!
現場の状況を随時皆様にお知らせしていきます
本日は施工検討会が開催されました
施工検討会は工事がはじまる前に施工上の注意点などを最終確認する場です
なので、設計者・現場責任者・現場担当者・社長の全員が参加します
施工検討会が開かれるといよいよ現場が始まるのだなと感じさせられます