柱状改良工事


本日26日ですが、柱状改良工事を行いました。
柱状改良工事とは、セメント系固化材を用いた深層混合処理工法の事で、
セメントミルクを地中に混合・撹拌し、円柱状の改良体(コラム)を形成する
地盤改良工法の事をいいます。
簡単に言うと、土とセメントを混ぜて硬い柱上にして、基礎を支えます。
年内はこの工事で完了です。年明けから基礎工事が始まります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ