断熱工事

天候が不安定で断熱工事を予定日に実施できるか不安でしたが、無事完了いたしました。

外気に触れる部分にはすべて吹付け断熱材を施します。

吹付け断熱の場合、グラスウールなどの繊維系断熱材よりも気密性が確保できるというメリットがあります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ