外壁紙貼り

東京では最近またコロナの新規感染者数が増加していますね。弊社ではスタッフ・職人さんの検温など体調管理を徹底しており、一人も感染が確認されていないため引き続き気を引き締めて作業してまいります。

さて、こちらの現場では今週は外部の紙貼りが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

この紙は透湿防水シートと言って、湿気は通し水滴は通さない性質を持っております。これを外壁全体に貼ることにより、木材から出る湿気を外部に放出し、雨水などの水滴の侵入を防いでくれます。

木造住宅において最大の敵は雨などの水分による躯体の腐食なのでこの防水シートをくまなく貼り、窓などの開口部周りも止水を徹底して行っております。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ