現地構造確認検査

 


内装材の解体も9割方完了し、構造補強を行う為の現況の構造チェックを
構造設計者及び意匠設計者双方立会いのもと実施致しました。
これから現況の構造と工事計画内容との擦り合わせを行いながら
構造計算→補強要領→構造補強工事との流れになります。
補強要領が出るまでに数週間の時間を要しますのでその間に
平屋屋根の葺き替えを連休明けから予定してます。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ