制震と免震の違いとは?それぞれのメリットとデメリットを解説します

家を建てる上で、地震に対する安全性はだれもが気になる点でしょう。
しかし、地震に対する備えにも様々なやり方があります。
そこで今回は、制震と免震をそれぞれの特徴とメリット、デメリットを含めて解説します。

□制震ってなに

制震とは、地震が起こったときに、その揺れを建物の構造が吸収することを指します。
建物の中に「制震部材」と呼ばれる特殊な部品を取り付けることによって、地震が起こった際は、その部材が揺れを吸収し、別の熱などの別のエネルギーに変換することで、家全体の揺れる大きさを小さくします。
この方法は、特に階数の多い高層ビルなどで大きな効果を発揮します。

□免震ってなに

免震とは、地震が起こった場合に起こるダメージが家だけでなく、家具などにも伝わらないようにすることを目的として開発されました。
免震構造は、家の内部に特殊な構造を持たせるのではなく、建物と地面の間に「免震装置」を設置することで、地震の揺れが建物に伝わらないようにします。
免震装置は、アイソレータと呼ばれる土台、揺れを吸収するゴムとダンパーの3つで構成されており、それをうまく組み合わせることで建物を地震から守ります。

□制震構造のメリットとデメリット

では、この制震のメリットとでデメリットについて確認していきましょう。
メリットは大きく3つあります。
1つ目、「繰り返す揺れに強く、建物の倒壊を防ぐことができる」。
制震構造は、揺れを吸収することで、地震の振動を建物が耐えられる範囲まで小さくします。
そのため、建物が破損するリスクを抑えるでしょう。
日本で最も普及している地震への備えは耐震構造と呼ばれ、地震が起こったときに「建物は揺れるが壊れない」構造になっています。
この構造は大きな地震が複数回起こったときは耐えることができません。
しかし、制震構造は、建物が持つ主要な構造部分へのダメージを発散させるので、繰り返し起こる余震に対しても大きな効果を発揮し、建物が倒壊することを防ぎます。
2つ目、「免震構造よりも工事期間が短い」。
建物に制震構造は免震構造よりも工事が簡単で、建物の柱や梁にダンパーを設置するだけで済みます。
そのため、後付けで導入する場合、それにかかる工事期間はおおよそ10日ほどで済みます。
3つ目、「地震後のメンテナンスが不要で、地震以外の揺れでも効果を発揮」。
基本的にダンパーを取り付けた後は、メンテナンスする必要がない場合や、定期的なメンテナンスも免震構造と比べて簡単で手間がかからないことがほとんどです。
また、この制震構造は地震以外の揺れに対しても有効で、台風による強風で起こる揺れを抑える効果も持ち合わせます。
次に3つのデメリットも確認していきましょう。
1つ目、「建物の地盤が弱いと効果を発揮しにくい」。
建物自体は、地面とくっついています。
そのため、どれほど建物が揺れに強くあっても、地盤が弱い場合は免震構造が意味を持ちません。
2つ目、「建物によって向き不向きがある」。
制震構造はすべての建物で一定の効果を発揮するということはありません。
特に設置の関係上、狭小地での後付けの設置は難しい場合があります。
3つ目、「免震構造よりも揺れる」。
制震構造は揺れを吸収し、振動を小さくすることを目的として開発されました。
そのため、免震構造と比較したとき、地震が起こった場合の揺れは制震構図のほうが大きくなります。
小さくはなりますが、地震の揺れは伝わるので、その揺れに対する備えは必要でしょう。
導入した場合でも、安心しきらず家具の固定といった対策は不可欠です。

□免震構造のメリットとデメリット

メリットには、制震と同様に2つあります。
1つ目、「地震に対しては最も優れた対策であり、ほとんど揺れない」。
免震構造は、そもそも地震の揺れを建物に伝えません。
そのため、この構造は現状最も効果的な対策であり、導入できた場合は建物の揺れや変形、破損といったダメージを最小限にしてくれます。
2つ目、「二次被害を防ぐ」。
地震が起こったとき注意すべきは、建物へのダメージだけではありません。
家具の転倒やガラス片などの二次被害にも注意する必要があります。
しかし、免震構造は、そういった2次被害への対策としても大きな効果を発揮します。
次はデメリットについて確認していきましょう。
1つ目、「メンテナンスが必要」。
免震構造は、制震構造とは違い定期的なメンテナンスが必要となります。
そして、そのメンテナンスも専門の業者を呼ぶ必要があり、部品の交換も定期的に行わなくてはならないため、制震構造と比べ手間がかかります。

□まとめ

今回は、制震と免震の特徴とメリットとデメリットについて解説しました。
家とは一度建てると、そこから何十年をともにするものです。
また、日本は地震が多い国なので、それに対する対策は必須です。
それぞれの地震対策を吟味し、ご自身にあった方法を選ぶことで、この先の数十年の安心を得られる選択をしましょう。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

関連記事

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・耐震、制震、免震の違いとは?狭小住宅の検討中の方必見!

地震大国である日本では、耐震性がある住宅が求められています。 特に都心部で狭小住宅の建設を検討している方は、耐震について心配されている方は多いのではないでしょうか? 地震から住宅を守るための住宅の工法は、耐震、制震、免震 […]

Owner’s Voice施主さま対談
ホープスで実際に家をつくられた施主さまの家づくりの思い出をご紹介します。
施主さま対談をみる
お問い合わせはこちら
Homeへ