デザイン住宅検討中の方必見!収納方法をご紹介いたします!

デザイン住宅をお考えの方で、悩みのポイントとなる点は収納についてなのではないでしょうか。
せっかくおしゃれなデザインにこだわっても、収納がないがゆえに散らかってしまっては意味がありませんね。
今回はデザインにこだわる方必見の収納方法をご紹介いたします。

 

□おしゃれな収納にするための基本とは?

 

基本的な収納の方法として、モノを「隠す収納」と「見せる収納」の2つがあります。
例えばおしゃれな靴や服、食器などは見せる収納が十分成り立ちますが、生活感の出る日用品は隠して収納するほうがおしゃれに見えます。
隠す収納に比べ、見せる収納を使うと、家に自分らしさが出やすくなるでしょう。
しかし、すべての部屋で見せる収納をたくさん利用すると、少し散らかった印象になってしまうかもしれません。

部屋によって隠す収納なのか見せる収納にするのかを設計時にイメージしておくとよいでしょう。
ここからは、キッチン、お風呂と洗面台、寝室、書斎と部屋別に収納方法をご紹介いたします。

 

□キッチンのおすすめ収納方法とは

 

キッチンはものの取り出しや収納の動きが最も多い場所なのではないでしょうか。
キッチンは見せる収納を利用しすぎると散らかった印象になりやすい場所といえるでしょう。
さらに、鍋やフライパンなど比較的大きくて上手に収納するのが難しいものもたくさんある場所です。
その分、散らかりやすい場所といえるため、利便性を考慮した収納をデザインする必要があります。

キッチンの棚も色や形、大きさ、扉のタイプでたくさんの種類があります。
どこに何をしまうかきちんと想定することが重要だといえます。
他にもたくさん収納スペースが欲しいといった場合には、保存食品や普段は使わない料理器具をしまっておくための蔵などのスペースをあらかじめ作るように設計してもよいでしょう。

 

□寝室におすすめの収納方法とは

 

寝室はゆったりとくつろげる空間にしたいですよね。
そんな寝室で最も重要になるのが、衣類の収納ではないでしょうか。
寝室が広くても衣類が散らかっていてはもったいないですね。
衣類は季節によっても収納が変化するため、キッチンと同様に設計段階もとても重要です。

衣服が多い、衣類や小物にはこだわりがあるという方は、広いウォークインクローゼットを設置したり、部屋を作ってしまってもいいかもしれません。
そこでこだわりの服やバッグ、帽子を見せる収納すればあなたのお気に入りの場所になること間違いなしですね。

見せたくないものは収納ボックスに入れて、クローゼットにしまっておくとよいでしょう。
収納ボックスも衣替えの際にボックスごと入れ替えれるように、購入しておくとスマートですね。
収納ボックスとしてワゴン式のものを利用すれば、部屋をまたいでの衣替えもスムーズにできるので、おすすめです。

 

□お風呂と洗面台の収納方法とは

 

お風呂もおしゃれな空間に仕上げたいという方は、シャンプーっやコンディショナーといった石鹸類はできるだけシンプルなパッケージのものを選ぶとよいでしょう。
または、お好みのデザインのボトルを購入し詰め替えて利用することもおすすめです。

お風呂はお掃除が大変な部分です。
ボトルやせっけんを棚や台の上にじかに置くとぬるぬるしてカビの原因になってしまいます。
これを防ぐために、ぶら下げて収納できるラック型の棚を購入することもおすすめです。

特に洗面台の周りは日用品であふれているため、多くのものは隠す収納をおすすめします。
さらに忙しい朝にも効率的にものの出し入れができるように設計する必要があります。
特に女性の方でドレッサーを使わないのであれば、洗面台の収納はとても重要でしょう。
鏡の裏にも大容量の収納スペースを確保すると、身支度も効率よく済ませることができます。

その他の収納に関して、タオルは色をそろえてあえて見せる収納にするのもよいでしょう。
洗剤や入浴剤は収納ボックスに入れて棚の中に隠して収納することをおすすめします。

洗面台の形も「ユーティリティ収納」「USランドリー収納」「ベンチ収納」などと様々種類があるのでお気に入りの洗面台を実現することができます。
収納するものや量に合わせて検討してみるとよいでしょう。

 

□書斎におすすめの収納方法とは

 

書斎の本は見せる収納が基本です。
見せる収納ならたくさんの本の中から、お目当ての本をすぐに見つけることができます。
映画のような書斎を表現したいのであれば、天井ほどの高さの棚を思い切って購入するのもよいでしょう。
自分の書籍が壁一面に並んでいるのを見るだけでも気分が上がります。

本棚には本だけではなく、インテリアとして写真や絵画、小さめの植物も一緒に本棚に飾るのもおすすめです。
本だけの収納より一段階上の収納になるでしょう。

 

□まとめ

 

おしゃれな空間を保ちつつ効率的に生活するための、収納方法と収納空間デザイン例をお分かりいただけたのではないでしょうか。
狭小住宅であればより空間をうまく利用した収納が重要になります。

当社では暮らしのデザインも踏まえたご提案をさせていただきます。
ぜひ多い合わせください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

デザイン住宅業者が解説、外観を意識したおすすめの色は?

「おしゃれな家」に住みたいというのは、誰しもが思うことですよね。 しかし、戸建ての外観を決める時に、自分の好きな色を優先しすぎてしますと、かえって見た目が悪くなってしまうことがあります。 では、外観をよくするためには、ど […]

悩んでいる方必見!おしゃれなデザイン住宅コツとは!

家族のためにも家を建てたい、そしておしゃれなデザイン住宅に住みたいと思ったことはありませんか。 しかしどのようにしたらおしゃれな家になるのか失敗したくない方、悩んでいる方が多いと思います。 そのような方々に向けて、失敗し […]

デザイン住宅で理想通りの外観にする方法! 要素編

デザイン住宅において、最も印象を左右するのは「外観」です。 前回の記事ではまずイメージを持つために、外観の種類をご紹介しました。 続いて今回はより細部に焦点を当て、外観を決める要素や注意点について解説します。 □デザイン […]

デザイン住宅で理想通りの外観にする方法! 全体像編

念願のマイホームをデザイン住宅でご検討の方はいらっしゃいますか。 憧れを詰め込んだ、理想のデザインにするために、「外観」に注目しましょう。 具体的なことより、まずはデザインのイメージを持つことが重要です。 そのために、外 […]

デザイン住宅を建てたい方必見!メリットとデメリットとは?

デザイン住宅に興味があるが、デザイン住宅の良い点と悪い点を知りたい。 この悩みを解決しましょう。 デザイン住宅であなたの生活の幅が広がります。 本記事でデザイン住宅の特徴と良い点・悪い点をまとめて紹介します。 □デザイン […]

Homeへ