SE構法の特徴とは?注文住宅を建てたい方必見!

本記事ではSE構法の特徴について解説します。
SE構法をよくわからないと、住宅を決める時に後悔するかもしれません。
一度、あなたが建てたい住宅がSE構法に適しているか確認してみましょう。

□SE構法の特徴とは?

そもそもSE構法とは何でしょうか?
SE構法は木造住宅で使われる材料のつなぎ目を金物にして、家の耐久性を上げることです。
また、木造住宅の材料の耐久性も上がっています。
一般的な材料、つなぎ目とは異なった工法がSE構法です。
SE構法は木造住宅の欠点であるつなぎ目を補強するために生まれました。
また、SE構法は災害に強い工法と言われています。
なぜなら、一般的に使われる木材は木の質がバラバラです。
それによって、災害に対する耐久性が強くありません。
しかし、SE構法で使われる木材は構造用集成材と呼ばれる材料です。
構造用集成材とは木の質が一般の木材よりも均一化された、実験で耐久性が実証された木材です。
SE構法では耐久性が強いデータで裏付けされています。
SE構法で注意すべきことは何でしょうか?
SE構法で住宅を建てる際に、工務店やハウスメーカーなど店舗の選び方を間違えないことです。
工務店は小規模で営業することが多く、品質に店によって変わります。
ハウスメーカーは全国で営業していることが多く、品質は高いが、設計に制限がある場合があります。

□SE構法以外の工法の特徴

まず一つ目はプレカット工法です。
プレカット工法とは材料をあらかじめ加工してかた建築現場に持ち運ぶことです。
建築の期間を短くするために生まれました。
プレカット工法の良い点は何でしょうか?
まずは建築の期間が短くなる点です。
そして、人件費が安くなることで、住宅のコストも安くできる点も魅力的でしょう。
しかし、複雑な加工ができない点があります。
次に壁式工法を説明しましょう。
壁式工法は壁で建物を支える工法です。
壁式工法はツーバイフォー工法とも呼ばれます。
壁式工法のメリットは柱が少ない空間ができる点でしょう。
柱を減らすことで、空間の自由度が上がります。
壁式工法は費用を抑えられますが、間取りを自由に使いづらい工法です。
また、音が反響しやすい点もあります。
最後に鉄骨住宅について解説しましょう。
鉄骨住宅の魅力は工事の期間を短くできる点です。
なぜなら、天候で作業が中止になることが少ないからです。
また、土地の地盤に左右されにくく、建物を建てる制約が少ないでしょう。
しかし悪い点は温度変化が激しい点です。
季節によって建物の温度が変動しやすいです。
ここまでSE構法を除く多くの工法を紹介しました。
大事なことは比較してあなたの生活に合った工法を選ぶことです。

□SE構法を使う業者の正しい選び方の特徴

住宅で使われる工法にはそれぞれ良い点と悪い点があります。
もし業者が良い点しか勧めてこない場合は要注意です。
業者が利益を得るために、お客様にとって最も良い選択をしていないかもしれません。
もちろん、悪い点ばかりの工法は使うべきではありません。
しかし、住宅を選ぶ際に最も重要なのはあなたの生活にあった工法を選ぶことです。
SE構法の良い点が多いからすぐに決めるのではなく、SE構法があなたの建てたい住宅に適しているか考えてみましょう。
もう一つSE構法にする際に注意する点はSE構法の技術が優れている業者を選ぶことです。
工務店やハウスメーカーによって得意、不得意とする点は異なります。
もし住宅会社で悩んでいる方はSE構法で建てるのに慣れているか尋ねてみるのも良いでしょう。
もちろん最初は尋ねるのは少し気がひけるかもしれません。
しかし、遠慮することはありません。
もしわからないことや技術の面で不安があれば、質問を怠らないことが重要です。

□SE構法を建てると良い点と悪い点

SE構法を建てると良い点は間取りを自由に決められる点でしょう。
なぜなら、SE構法は一般の住宅よりも少ない材料で建物の耐久性を上げられるからです。
つまり、壁や柱を少なくでき、スペースを広く使えます。
間取りのスペースでお悩みの方はSE構法を検討してはいかがでしょうか?
そしてSE構法は地震にも強いです。
日本は地震に強いと言われているので、非常に大きい強みと言えるでしょう。
SE構法の悪い点は何でしょうか?
それはSE構法で使われる材料は費用がかかることです。
また、材料だけではなく、発送コストがかかります。
材料の費用の高さは理解できるとしても、なぜSE構法で使われる材料は発送コストが高いのでしょうか?
それはSE構法で使われる材料はトラックで輸送する際にかさばるために、一度で発送できる量に限りがあるからです。
またSE構法で使われる材料は無垢材ではないため、化学物質を不快に感じる方にはオススメできないでしょう。

□まとめ

本記事ではSE構法の特徴について解説しました。
住宅を決める助けになれば幸いです。
また、当社では住宅について悩んでいる方の悩みを解決してきました。
少しでもわからないことがあれば、遠慮なくご相談ください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

新築住宅をお考えの方へ!地震に強いSE構法について解説!

近年、日本各地で増加している震災に備えて、ご自宅の耐震性や安全性が気になってきているという方も多いではないでしょうか。 本記事では、そういった方にオススメしたいSE構法のメリットやデメリットについて解説していきます。 □ […]

免震と制震の違いをSE構法とともに解説します!

免震・耐震・制震については、多くの方はなんとなく聞いたことはあるけれども、細かい違いはよくわからないかと思います。 特に、SE構法については初めて耳にしたという方も多いでしょう。 実はSE構法と免震・耐震・制震は深く関連 […]

SE構法の丈夫さはどのくらい?耐震等級との関連性も

「SE構法ってどれくらい頑丈なんだろう?」 「SE構法の家はどれほど地震に強いのか知りたい。」 このように考えている方はけっこういらっしゃいませんか? 新しく家を建てようと検討している多くの方が頑丈で長持ちする家に住みた […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・安心の耐震性を実現!狭小住宅に欠かせないSE構法って?

「狭小住宅を検討中だけど、耐震構造など安全面が心配…」 「地震に強い住宅にしたいけど、どうすればいいかわからない」 狭小住宅をご検討の方、このようにお悩みではないでしょうか? デザイン性が高い住宅ほど、耐震性の面が不安要 […]

Homeへ