デザイン住宅、おしゃれにするポイントを伝授します!

念願のマイホームをデザインするとなると、やはり自分に合った好みのデザインで個性を発揮したいものですが、具体的なおしゃれがわからないという方も多いと思います。
本記事では、そういった方のために注文住宅をおしゃれにするポイントを解説していきます。

□まずおしゃれの定義があいまいでイメージしづらい!

万人の感性に共通しておしゃれという印象を与える住宅の共通点として、外観、内装問わず全体的にテイストが統一されていることが挙げられます。

インテリアなどを用いてスタイルに統一感を持たせることも有用な手段です。
しかし、和式なら和式、自然素材を使用したものなら自然素材で統一した方が良いでしょう。
素材や間取り、いわゆるコンセプトを先に決めてしまうというのが、おしゃれな空間の演出につながります。

□外観をおしゃれにする方法

住宅の顔とも呼べる外観の印象を決める要因は多岐にわたります。

*外壁について

おそらくデザイン住宅の中で、最も素材に左右される要素といっても過言ではないでしょう。
しかし具体的なデザインの型が定まっていない状態でも、素材や色などに統一感を持たせることで、ある程度はおしゃれな印象を持たせることが可能です。

上品な印象を持たせたい場合は、オーソドックスな色であるブラウンを建物一階部分などの下部に割り当てます。
そして、上部をシンプルなホワイトやクリームなどのモノトーンにすれば、まとまった印象となります。

逆にシックな雰囲気を出したいといった場合には、立体的な建物の形状にダークブラウンやグレーなどの汚れが目立ちにくい色にして大人っぽさを演出できるでしょう。

和風をモチーフにする場合は、木材や竹材を中心に外観を構築するのが一般的です。
現代のテイストも取り入れたいといった場合には、ホワイトをベースに屋根などをマットなブラックで仕上げるといったアレンジ良いでしょう。

反対に洋風に仕上げたいといった場合には、ベージュやクリームを基調としてレンガやタイルなどを中心にバルコニーなどを取り付けるといった手法があります。

*玄関について

住宅の顔とも呼ばれる玄関は、誰もが真っ先に足を踏み入れる場所であり、住宅の第一印象は玄関によって決まるといっても過言ではありません。
外観との調和性を持たせるというよりは、廊下や階段、キッチンなどの愛称を重視したほうが、住宅全体としての統一感を出すことができます。

*窓について

外観の印象を決定づけるといった点において、窓は外装と並んで重要な立ち位置にあります。
デザイン住宅においても窓が占める重要度は大きく、窓の面積や角度、1つの部屋に何面の窓を設置するかで内装の開放感や動線、パッシブデザインにも影響を及ぼします。
そのため、慎重に設置しましょう。

窓を取り付ける上での基本は、
・外壁の面積にあわせて窓の数やサイズを選ぶ
・ラインをなるべくそろえる
の2点です。

また、1つの窓と向き合うように(要するに建物の裏側に)もう1つ窓を設けるようにすれば風が吹き抜ける通り道を生み出すこともでき、内装にも大きな影響を与えることができます。

□内装をおしゃれにする方法

内装をデザインする際の注意点として、デザインを重視しすぎるあまりに住宅としての機能性が損なわれてしまう可能性があることです。

例として、空間の開放性が高すぎて、温度管理や遮音性に支障が出たり、屋内の銅動線の妨げになったりする場合、デザインと機能性の両立、さらには費用面においても折衷案を考えねばならない状況もあるでしょう。

上記の注意点を踏まえたうえで、おしゃれな内装を実現するためのポイントを解説します。

*床について

内装においても、統一感を演出するというのは外観と変わりません。
しかし、インテリアは外装ほど統一感にこだわる必要はないでしょう。
床というのは面積も大きく、インテリアにおいて非常に大きな役割を担っており、壁と床をいかにバランスよく共存させるかがインテリアの基本となります。

アクセントとしてキッチンの床にタイルを用いたり、天然の無垢材を使用して自然らしさを演出したりすると良いでしょう。
方法はさまざまですが、オーソドックスな手法としてはやはり木材のフローリングです。

*壁について

インテリアにおいて壁と双璧をなすほど、壁の質感や壁紙が持つ影響は大きいです。
全て単一の色で統一するだけでは物足りないといった方は、テレビやソファの後ろなどの視線が集まりやすい箇所の壁を木目の壁紙にするだけで、和式の質感を醸し出せます。

また、シックに印象付けたいといった場合には、ダイニングなどの壁紙をレンガ調にすることで、重厚感のある部屋にすることも可能です。

□まとめ

今回は住宅をおしゃれにする方法について解説しました。
表面の質感にこだわるだけで、建物の印象はがらりと変わります。
今回の記事が、住宅のデザインで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

デザイン住宅をさらにおしゃれにする工夫を紹介します!

デザイン住宅に現在住んでいる方のうち、デザイン住宅におしゃれな工夫をしている方は少ないです。 せっかくならおしゃれな外観や内装を維持し続けたいですよね。 あらかじめデザインのポイントを把握しておくと、家づくりがスムーズに […]

デザイン住宅を検討中の方必見!外観と内装のポイントについてご紹介

「デザイン住宅を建てたい。」 「デザイン住宅のポイントって何だろう。」 このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。 多くの方がせっかくデザイン住宅を建てるならしっかりポイントを押さえたいと思います。 そこ […]

デザイン住宅をお考えの方へ、間取りで工夫できることは?

「理想の住宅を建てたい。」 「デザイン住宅の間取りはどうしよう。」 このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。 多くの方が理想の住宅のために間取りはどうしようか悩んでいると思います。 そこで今回は、デザイ […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅でこだわるなら内装!おすすめの内装をご紹介!

デザイン住宅の内装を考える際に自身の生活状況に合わせたり、理想の生活を想像する事が大事です。 設計事務所のHOPESではそういった考えを具現化するだけでなくお客様に寄り添うことで幸せな家づくりの過程も楽しむことを大事にし […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅で気になる耐震性!耐震性を高めるためのポイントとは

通常デザイン住宅は耐震性を意識して作っていないのが多いです。もちろん最初から一流ハウスメーカーに依頼すれば、耐震性を盛り込んだ上で作図してくれますが、デザインとは直接相容れない物なので、自分で考える必要があります。日本は […]

Homeへ