デザイン住宅をお考えの方必見!オープンキッチンについてご紹介します!

「デザイン住宅にするならキッチンもこだわって作りたい」
このような考えを持っている女性の方はいらっしゃいませんか。
女性にとっては、住宅を考えるうえで、キッチンは重要事項ですよね。
今回は憧れている女性も多いオープンキッチンをご紹介します。

 

□オープンキッチンの種類

 

単にオープンキッチンといっても、どのような種類があるのかご存じですか。
最初に特にメジャーだと言われている2種類のオープンキッチンをご紹介します。
ご自身が考えている住宅に合う型はどの型になるのか、ぜひ考えてみて下さい。

 

*アイランド型

 

アイランド型は、キッチンから壁から離れて独立した形状になっているものを指します。
インパクトが最も大きいキッチンだといって良いでしょう。
そのためオープンキッチンと言うと、このアイランドキッチンを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

*ペニンシュラ型

 

キッチンの左右どちらかが、壁に接している対面式キッチンのことを指します。
ペニンシュラは、半島という意味を持つ言葉で、カウンターが半島のように突き出たレイアウトが特徴的です。
一見、アイランド型のものと似ているように見えるかもしれません。
アイランド型よりも場所を取らない為、狭小住宅に向いていると言われています。
そのため、「オープンキッチンにしたいけど、部屋の面積が狭くて取り付けられない」という方には、おすすめのキッチンだといえるでしょう。

 

□オープンキッチンのメリット

 

近年、オープンキッチンにしている住宅が増加しています。
実は多くのメリットがあります。
このメリットが、あなたのキッチンまわりの悩みを解決してくれるかもしれません。
そのメリットをいくつか紹介します。

 

*家族のコミュニケーションの場になる

 

オープンキッチンは他とは異なり、壁などで遮られていないことが特徴です。
壁がないからこそできる家族と円滑なコミュニケーションの場になることが、最大のメリットだと言えるでしょう。
調理している時や後片付けの際も、会話でコミュニケーションが取れるのです。
家族のコミュニケーションを重要視している家庭では、おすすめのキッチンだと言えるでしょう。

 

*空間が開放的に見える

 

壁やカウンターなどの仕切りや障害物をなくすことで、リビングと一体になった空間を作りだせます。
そのため、空間をより開放的に見せられます。
狭小住宅でも、ペニンシュラ型なら対応できるので、空間をより開放的に見せたい方にはおすすめだと言えるでしょう。

 

*リビングが見渡せる

 

小さいお子様がいる家庭は、心配で調理の時も、片時も目を離したくない家庭も多いのではないでしょうか。
オープンキッチンなら、キッチンにいながらリビングも見渡せます。
小さいお子様に目を配りながら調理できるのです。
そのため、安心して調理を行えます。

 

*無駄のない動線が作れる

 

オープンキッチンには、キッチンに向かうために壁や障害物がありません。
そのため、最も無駄のない家事動線を確保できるのです。
無駄のない家事動線を作りたい方も多いのではないでしょうか。
忙しい朝や夕飯の支度の時にも、スムーズな移動ができる使い勝手の良さが魅力で、女性に人気がある理由です。

 

□オープンキッチンのデメリット

 

ここまでの説明で、オープンキッチンはいいこと尽くしだと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、メリットばかりではありません。
オープンキッチンを考えている方に知っておいてもらいたいデメリットをご紹介します。
対策も合わせて紹介するので、参考にしてください。

 

*臭いや煙が部屋にこもりやすい

 

空間の間に壁が全くないため、煙や臭いがキッチン以外のスペースに広がりやすくなります。
対策としてできることは、部屋に臭いや煙が広がりにくいようにするために、コンロを使う時は換気扇を回すことです。
更に臭いや煙の強い料理をする際は、部屋の空気が入れ替わるように、風通しを考えながら窓を配置していくことも重要だと言えるでしょう。
このような対策を取ることによって臭いや煙も緩和できるため、住宅を建てる際は、換気扇や窓の位置も考えてみてください。

 

*生活感が丸見え

 

キッチンがダイニングやリビングから見えやすいことから、キッチンの生活感が丸見えになりやすいこともデメリットだと言えるでしょう。
せっかくオープンキッチンにするなら、綺麗な状態を保ちたいですよね。
対策として、できるだけ多くの収納スペースを確保する方法があります。
綺麗な状態を保ちたいと思うのならば、常に整理整頓を意識する必要があると思っていた方が良いでしょう。
収納スペースが確保できない場合は、吊戸棚を使って整理整頓するのも方法の1つです。

 

□まとめ

 

オープンキッチンの特徴やメリット、デメリットと対策を紹介しました。
たくさんのメリットがあると分かっていただけたことでしょう。
対策をしっかりすることで、デメリットもそこまで気にならなくなるでしょう。
選択肢の1つとしてこのキッチンをぜひ検討してみてください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ