清野廣道の家づくり ちょっと世間話・【くらし方のデザイン】部屋を快適でおしゃれにするインテリアのコツとは?

「家具やインテリアを上手に配置しておしゃれな部屋を実現したい!」
「部屋を広く見せて開放感のある空間を演出したい!」

自分の家を持っている方なら一度はこのように考えたことがあるでしょう。
これから家を買うことをお考えの方など、部屋を新しくコーディネートしようと思っている方に向けて、部屋をおしゃれに、開放的にするインテリアのコツについてご紹介します!

◻︎生活動線を意識する

生活動線とは、日常生活の中で部屋の中を人が移動する線のことです。
生活動線が一直線に抜けるように家具を配置することで、開放感を出せます。
また、部屋の奥の方に向かったラインを強調する家具の配置により、その方向に意識が向き、奥行きがあるように見えます。
その際のコツは、家具のないスペースをまとめて作り、見える床の面積を広くすることです。
それによって空間に余裕を持たせられます。

◻︎間接照明をうまく使う

間接照明をうまく活用することで部屋の印象を一気に変えられます。
例えば、間接照明で部屋の隅を照らすことによって、家具の陰影が生まれます。
それによって部屋に立体感が生まれ、広く見せることができます。
また、テレビの裏を照らすのも雰囲気作りに効果的です。
部屋の主役であるテレビを明るく演出してみましょう。

◻︎ゾーニング

ゾーニングとは、部屋の生活スペースを使用目的によってエリアに区切ることです。
家具やインテリアを使って簡単にゾーニングができます。
例えば、本棚やシェルフなどを使ってさりげなく部屋を区切ったり、ソファとラグを使ってテレビの前のくつろぎ空間を作ったりできます。
ゾーニングによって、必要な場所に必要なものを集めやすくなり、快適な部屋を作れます。

◻︎アクセントカラーを取り入れる

インテリアの色の組み合わせは部屋の印象を決める重要な要因です。
ベースカラーとアクセントカラーを意識してコーディネートすると良いでしょう。
ベースカラーは白やベージュ、茶色などナチュラルカラーにすると他の色に組み合わせやすいのでおすすめです。
アクセントカラーはベースカラーに溶け込まないようにメリハリのつく色にしましょう。
クッションや壁に掛けるアートなどをビビットなカラーで揃えることで、部屋が引き締まります。

◻︎まとめ

インテリアを使って部屋をおしゃれに快適にする方法について、理解を深められたでしょうか。
様々な工夫を凝らして、自分らしいくらし方のデザインを楽しみましょう。
当社では、家の設計からインテリア選びまでお客様の好みにあった家づくりを提供しています。
ご興味がありましたら、是非お気軽にご連絡ください。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・【くらし方のデザイン】ガーデニングをおしゃれにする方法!

「家をガーデニングでおしゃれにしたい!」 「ガーデニング初心者だけど華やかな庭を作りたい!」 一軒家にお住みの方や居住を検討中の方はこのようにお考えではないでしょうか。 家にガーデニングが施されていると癒されますよね。 […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・【くらし方のデザイン】日本人のあまり知らない資産住宅とは?

「将来のために安定した資産を持ちたいけど、どうすればいいかわからない」 「資産住宅という言葉を聞いたことがあるけど、よくわからない」 このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。 日本では「家は一生に一回の買い物」という […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・土地下見で必要な持ち物とは?くらし方のデザインのために。

土地の購入を検討している方で、土地の下見に行く予定だという方はいらっしゃいませんか? 土地の下見は、周辺の環境を知ることができ、自分達に合った土地を購入するために必要です。 土地の購入を成功させるために、土地の下見から徹 […]

Homeへ