工事場所:東京都江東区竣工年月:平成24年5月 主要用途:専用住宅構 造:木造(SE構法)延床面積:74.24㎡

『北側のやさしい光を最大限活かしたい』
そんなご家族の強い想いで実現した、“吹抜け北側採光の家”です。
こちらのお宅の特徴は、狭小住宅でありながら大きな吹抜けや、間仕切りのないワンルーム、床下収納等が特徴です。

1階は玄関を兼ねた土間スペースと水周り、2階はワンルームのLDK。リビングは2階の床より45cm上っていてダイニング部分は床が椅子代わりになります。3階は大きな吹抜けと繋がる寝室になります。北側道路ですが明るい居住空間になるように開口部の位置や大きさを工夫し、全体として光と風が通るようにデザインしています。また、木造3階建てでありながら出来るだけ木を活かすことで暖かで居心地のよい住まいとなっています。お施主様とお父様で塗っていただいた珪藻土の壁もとても温かみがありいい雰囲気です。さらに構造は、強固な構造を保つSE構法を使い、リビング上部に大きな吹抜けを設けています。