屋根材の種類とそのメリットデメリットとは?

日本家屋のバリエーションが豊かになるにつれ、屋根材や屋根の形も様々なスタイルが出てきました。ここでは、屋根材の種類の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

 

屋根材の種類:粘土系

japan-1777365_640

粘土を成型してつくる瓦です。粘土以外の材料を使った瓦もありますが、粘土系として特徴をまとめます。

焼き物ですから、耐久性が高く、100年以上持つことでも知られています。日本古来の建造物で後世まで残っているのは、この粘土瓦が使用されているものがほとんどです。

日本瓦・洋瓦

瓦には、釉薬を使用するものと、使用せず素焼きにするものがあります。日本で使用する際のデメリットは、地震に比較的弱いということが挙げられます。また、手作業で葺く作業になるため、コストがかさみます。

 

屋根材の種類:セメント系

粘土のかわりにセメントと砂を使用した瓦で、粘土瓦と比較して安い価格で作成できます。

コンクリート瓦・プレスセメント瓦

樹脂塗料で着色できるため、カラーバリエーションが豊富です。粘土ほど温度変化による膨張・伸縮がおこりにくいため、形が保ちやすく、張替も1枚単位で可能です。

しかし、一方で水を吸いやすい素材のため、コケやカビがはえやすく、メンテナンスもこまめに行う必要があります。

 

屋根材の種類:スレート系

roofing-1808936_640

本来スレートというのは、岩を薄くしたもので、ヨーロッパの古い家ではこの天然スレートが使用されていましたが、近年は人工的にセメントと繊維を混ぜてつくった薄い板を使用しています。

化粧スレート

現在「スレート」と呼ばれているのはこの化粧スレートになります。この中には「コロニアル」という商品名の屋根材も含まれます。瓦と比較して軽いので、耐震性もあり、瓦葺のような特別な技術を必要としないので、多くの会社で施工が可能です。ただ、暴風雨や衝撃に弱いため、定期的な点検・メンテナンスが必要です。

 

屋根材の種類:金属系

roof-251916_640

金属系はひとまとめにできない特徴をそれぞれ持ちます。近年人気の高まっている金属系の屋根についてご紹介します。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板というのは、日鉄住金鋼板株式会社の製品名で、金属の名前ではありません。さびやすい鉄にアルミ、亜鉛、シリコンでメッキをすることで、さびにくい状態になっています。

大変軽量で、耐用年数も30年から50年と言われているため、急激に人気が出ていますが、まったくさびないというわけではないので注意が必要です。

 

屋根材の種類:その他

上記の4つの系列に属さない屋根材を紹介します。

アスファルトシングル

アスファルトシングルの主な素材はゴムです。アメリカの住宅の約8割は、このアスファルトシングルが使われていると言われています。シート状なので、曲面にも使用できますし、防水性が高いです。

一方で、日本では施工できる会社が少ないこともあり、まだまだ歴史が浅いため、日本の気候にどこまで適応できるのかしっかりした結果が出ていないという部分があります。

 

san-francisco-210230_640

今回は屋根材の種類についてご紹介しましたが、家づくりの際の選択肢は年々増える一方で、逆にどうしたらよいのかわからないという声も聞かれます。一長一短ある材料をうまく吟味して、ライフスタイルに合った家づくりができると良いですね。