大豆製品の種類と栄養素について

古くから日本の生活に密着してきた大豆ですが、近年その栄養素の高さからも再注目を浴びています。大豆にはどのような栄養があり、どのように利用していくと良いのか調べてみました。

 

大豆の栄養素

soybeans-2039642_640

大豆の約30%はたんぱく質ですが、このたんぱく質も人間に必要なアミノ酸がバランスよく含まれているため、良質なたんぱく質と言えます。このたんぱく質には、血中コレステロールの低下を促す作用があるとされています。

 

また、大豆の栄養素は血液をサラサラにしたり、便秘の予防など様々な効能があると言われています。

 

たんぱく質以外には、鉄、カルシウム、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、マグネシウムなどのミネラルが含まれているほか、イソフラボンも豊富です。イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをすることで知られていて、骨粗しょう症やガンを予防すると言われています。

 

これ以外にもビタミンK、ホウ素、サポニン、レシチンなどが含まれています。

 

大豆製品の種類

YAMA_DSC2380_TP_V

大豆製品は多々ありますが、主なものについて詳しく見ていきましょう。

 

油揚げ

豆腐を薄く切ったものを揚げた油揚げも栄養豊富です。ミネラルやたんぱく質が含まれていますが、中でもカルシウムが多いです。

 

きなこ

きなこは大豆の皮をむいて挽いた粉です。銅と葉酸が多く含まれています。

 

豆乳

豆乳は、大豆を水に浸して水けをきり、ミキサーなどで細かくし、一度煮てからこしたものです。比較的カリウムが多く含まれています。

 

納豆

大豆に納豆菌をつけて発酵させた食品ですが、ビタミンKが非常に多いことで知られています。ビタミンKはカルシウムの代謝を助けるため、骨粗しょう症の予防につながります。

 

味噌

大豆に、塩と麹を加えて発酵させて作る発酵食品です。味噌にはミネラルの一種「モリブデン」が大変多く含まれています。モリブデンは鉄の働きを促進するため、貧血を予防し、肝臓や腎臓で消化酵素を助ける働きもしています。

 

もめん豆腐

豆乳に凝固剤を加えて固めたものを、一度崩してから再度固めて作ります。特にカルシウムやリンが多く含まれています。リンは骨や歯の主成分となる栄養素です。

 

がんもどき

豆腐の水気を絞り、野菜を細かく刻んで混ぜたものを油で揚げています。カルシウム、リン、鉄を多く含みます。大豆と野菜を一度に摂れるのも魅力です。

 

soy-1888556_640

コレステロールを下げるということで、積極的に大豆製品を食べている方も多いですが、実は食べすぎも良くないと言われています。それは高たんぱく質なので、多く食べると結局他の肉類と同じくらいのカロリーになってしまうからです。ヘルシーだからという思い込みで摂りすぎず、そのほかの食品とバランスよく食べることで大豆の効果が発揮されます。毎日の食事への取り入れ方を工夫して健康を維持できるようにしましょう。