ホープスは、長期優良住宅の認定を
受けられる基準の家を造ります。

家づくりは、住宅が完成し、引き渡しをした時点では終わりません。
100年後まで、暮らしやすい家を維持することも、家づくりの一部です。
長期優良住宅の基準の一つに、家の品質の維持管理があります。
引き渡しの後も、長きに渡って、施主様と施工店が、
良いお付き合いが続けられることは、とても大切です。

 

長期優良住宅は、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が定める基準を満たした住宅のことです。基準を満たしている住宅が、所管行政庁に申請すると、長期優良住宅として、認定されます。
この法律は、戦後、長年に渡り、スクラップ&ビルドを繰り返してきた日本の住宅を、子や孫の代まで、高い品質を維持できる住宅にしていく目的で作られました。
消費者にとって、長く住まえる、質の良い住宅を建てることは、快適な暮らしができることに加えて、建て替えや、住み替えにかかる費用の負担を減らせます。
社会的には、作っては壊すという繰り返しによる資源の無駄遣いと、古い家の解体で、排出される廃材の処理にかかるエネルギーを軽減できます。

戸建て住宅に対する長期優良住宅の認定条件

耐震性 3つの項目のうち、どれか一つを満たす必要があります。

耐震等級2以上

安全限界変形を階高の1/40 又は75%以下に低減する

免震建築物である

省エネルギー性

省エネルギー対策等級4相当

住宅の品質維持

内装・住宅設備の品質管理

定期的な点検と補修を行う計画

劣化対策

劣化対策等級3相当

住戸面積

住宅の広さ

居住環境

居住環境の維持と向上

 

Follow me!

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅の資産価値を高める要素

                        都心部では、マンションの価格が高止まりしている状況が […]

注文住宅を建てる為の準備から入居までの流れと、東京の狭小住宅特有のチェックポイント

家族の為に家を建てることは、人生の一大事のうちのひとつです。建築の専門家でもない限り、家を建て慣れている人はいないでしょう。莫大な費用をかけ、慣れていないことをする初めての家づくりは、わからないことも多くあります。 特に […]

SE構法で建てる重量木骨の家

重量木骨の家の3つの条件 重量木骨の家は、重量木骨プレミアムパートナーが、SE構法で建てる家のことです。 重量木骨プレミアムパートナーは、SE構法の技術と実績を持ち、地域の環境を十分に理解している地元密着型の工務店や建設 […]

移住住みかえ支援適合住宅

  移住住みかえ支援適合住宅の条件 劣化対策等級3相当 劣化対策等級とは、住宅の劣化の速度を抑える為の対策の水準を表す等級です。 劣化対策等級1 建築基準法に定められている水準です。構造部材等が、基準法施行令規 […]

狭小住宅のリビングを居心地の良い空間にする間取り

リビングは、多くの家族にとって、くつろぎの場であり、家族のコミュニケーションを楽しむ場でもあります。家族の誰もが、帰宅すると、リビングでほっとした気分を味わうのではないでしょうか? 子供が小さいうちは、ほとんどの時間を母 […]

Homeへ